2017-02

[ステキ企画]第5期支援額振込完了のご報告。 - 2017.02.24 Fri

 2015年9月1日から2016年8月31日までに皆様からお預かりしておりますステキ企画第5期支援金の支援先への振込完了、ならびに寄付金受領証明書が届きましたのでご報告申し上げます。

 ウチの公式Twitterでもご報告させていただきましたとおり、今回は東京を拠点に活動されております「認定特定非営利活動法人カタリバ」様へ、全額寄付させていただきました。

 その活動内容ですが、ますはこちらのリンクをご一読ください。

 今回、ステキ企画による支援先を自治体ではなくNPO法人へと舵を切った理由として、上記リンクにある活動の内容について、実際に現場で働く方のお話を聞き、それについて質問させていただく機会に恵まれたことが挙げられます。

 これは個人的にそうだったという範疇の話なのですが、僕は学校をはじめとする所謂「教育の場」とは相性が悪く(今思えば単に捻くれたガキだったと言えなくもないのですが)、今日もなお続く、主に職業に対する夢への道筋は幼き日の放課後に拓かれたものでした。正直に書くと、この活動を知った時は「学校のあとにまた学校か〜。そりゃたまんねえな〜」とも思ったのですが、2011年7月に開設された宮城県は女川町のコラボスクールを中継で結び、見せていただいた周囲の景色は、放課後もなにも「行く場所がない」という状態でした。そういった状況の中、コラボスクールは学習の場であると同時に、大人が必要以上に干渉しない放課後の場としての機能も兼ね備えているということ、そして現地で活動されているスタッフの皆さんは、学校の教師とは違う立ち位置を常に考えられているとうかがって、大いに共感させていただきました。

 ステキ企画のルールとして、東日本大震災による被災児童の支援ということ以外は、あえて限定はせず地道に続けていたきたいと思っているのですが、震災によって辛い思いをした子供たちもやがて大人になります。そこまでの時間の中でステキ企画がどうあるべきなのか、これからも考えていきたいと思います。もちろん、チャリティという活動において「集金力」は目指すべき最も大切な要素ではあるのですが、今回のように、たとえ少額であっても続けてきたからこそ知り得たこともたくさんありました。

 最後に、今回もご賛同、ご協力いただいた皆様に改めて御礼申し上げます。第6期ステキ企画は2016年9月1日から2017年8月31日までとさせていただきます。なにかのご縁で当HPにお気に召したアイテムなどがございましたら、その時はお力添えをいただければ幸いです。

 今後とも Various Techniques をよろしくお願い申し上げます。





いただいた寄付金受領証明書の画像です。今回、通常の領収書ではなく僕個人の名義(個人事業主としての登録名義です。ちょっとモロに住所とか入っているので、画像は少しボカしてあります)で発行していただいたのは、2018年の確定申告において、寄付金控除などの税制優遇を受けることを前提にしているからです。もちろん、ステキ企画はウチの売り上げの中からお預かりした、皆様の心意気によって成り立っておりますので、2018年の確定申告で優遇された分、あるいはそれ以上となる額を確定次第ご報告させたいただき、ステキ企画支援金に必ず還元させていただきます



VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

現在、2017年シーズンの活動開始に向け、再生産&リニューアルモデルを選定中です!
3月には新作もお披露目の予定です。今期もよろしくお願いします!
vtos_icon.jpg



スポンサーサイト

[私事]謹賀新年 - 2017.01.01 Sun

 新年明けましておめでとうございます! 本年もよろしくお願いします。

 昨年の今頃は、急に決まった独立開業の準備に大わらわで、「こりゃあ長い1年になりそうだな〜」なんて思っていたのですが、いざ過ぎてみればアッという間でした。

 おかげさまで、お仕事的には会社員時代以上に多くの書籍、雑貨ほかの企画・アートディレクション・デザインに関わらせていただきました。同時に、業務形態が変わったことによって拡がった仕事の幅の中で、思いもよらない難しい決断を迫られるコトも多く、法人化も含めて考えなければならない問題は山積みで、それらを置き去りにしたまま2016年は終わってしまったという状況です。正直のところ、はじめての確定申告を終えないコトには現状が良いのか悪いのかもわからないので、例年以上に年が明けたという実感がありません。

 かねてより諸先輩方から「独立1年目は苦労するよ〜」とご忠告をいただいてはおりましたが、自分の下積み時代を思えばなんてコトないだろう、と軽く捉えていました。が、10月に一時的に資金がショートした時はさすがに「こりゃ手強いな〜」と痛感しました。まあ、それは会社員時代からずっと続いている、我ながらデタラメすぎる金銭感覚も原因のひとつだったワケですが、そんな経験を経て、もともと安定とは無縁、そして現代の労働事情にはまったくマッチしないであろう仕事漬け生活の中で培った、ある種の「しぶとさ」が今年で4回目の年男を迎える僕の中にまだ生きているコトを確認できました。

 2016年より正式に僕の本業に組み込まれた Various Techniques の活動ですが、またしても春〜夏しかマトモな活動ができず、大きな飛躍もないまま終わってしまいました。これも僕の力不足というか、現状のままではどうにもならないという例年通りの泣き言に終始してしまうのですが、2015年以降、確実に新作、イベント参加、協賛に加えてOEMの体制も強化できているので、2017年も地道ながらも前進できるよう精進いたします。本年も昨年と同様、3〜4月頃から本格的に活動を再開すべく準備中なのですが、実は4月に一時的に東京を離れ、ちょっと自身の将来に影響がありそうなコラボのお仕事の予定があり(詳細は近日中にあらためて)、これを皮切りに夏まではしっかりと新作ほかをご用意できれば、と思っています。本年も変わらぬご愛顧をいただければ幸いです。よろしくお願いします!

 そして、2016年にご報告させていただきました第5期ステキ企画の支援先について、その決定が遅れたまま年を越してしまったことを深くお詫び申し上げます。皆様からお預かりしております心意気を有益に活かしていただくためにも、時間優先で決めることは極力避けたいという思いもあり、おそらくは2月中旬で一段落つくであろう大繁忙期をキッチリ勤めあげてから、慎重に支援先を確定できれば、と考えております。個人的な事情で大変恐縮ではございますが、ご参加いただいた皆様におかれましては今暫くご猶予をいただけますようお願い申し上げます。

 最後に、これまた突然ですが、きたる1月8日(日)、東京は九段下の科学技術館にて開催される,僕が大好きなホビー系イベント「SUPER FESTIVAL 73」内、ヒーローX(お世話になっております!)のブースで昨年に続き、僕がアートディレクションを担当させていただいた書籍の販売、プロモーションのお手伝いをさせていただく予定です。オマケ(お年玉?)や各種展示なども準備中とのこと。お時間がございましたら是非!




2016年は僕がガキの頃から今日までず〜っと夢中になって聴いているバンドやミュージシャンのドキュメンタリー映画や新譜が多数公開・リリースされ大いに触発されました。それが励みになったというよりは、それを意固地と言われようとも、やはり自らの出自や居場所には忠実でありたいな〜、とあらためて思った次第。そして今日まで「好き」だけでメチャクチャやってきた親愛なる仲間たちとともに、これからも精進を重ねながらメチャクチャをやっていければ、と思いました




VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

初詣はいつ行こうかな〜。
vtos_icon.jpg

[ONLINE STORE] V.T.018 - 2016.10.05 Wed



ご好評をいただきました2016モデル、秘密結社の紋章は尾裂狐「V.T.018」です。商品解説はコチラをご覧ください!

商品仕様

プリントカラー:ホワイト
ベースシャツ:
United Atule 5001 5.6oz.(メンズ) United Atule 5401 5.0oz.(ガールズ)
素材/プリント:綿100/シルクスクリーン
価格:2000円(税込)

ベースカラー/サイズ
メンズ
ブラック/M
スミ/M
インディゴ/M
ブラック/XL
ガールズ
※完売

カラー/サイズ参考
メンズ:http://www.united-athle.jp/ua/items/index/500101
ガールズ:http://www.united-athle.jp/ua/items/index/500103
過去の Various Techniques 製Tシャツ(綿100)とほぼ同サイズです。

送料:複数枚注文のみ無料。トラッキング付帯サービス、通常の宅配便をご希望の方は注文時にお知らせ下さい。送料をお調べします。
ステキ企画 適応商品
※ ステキ企画該当商品の売り上げの一部を毎年9月に集計し、被災児童支援基金制度へ寄付させていただきます。具体的な支援先についてはコチラをお読み下さい。

オーダー要項 ※最後までお読み下さい

当ブログ画面左下にあるメールフォームに、お客様の郵便番号、住所、氏名、性別、メールアドレス、ご希望商品名(V.T.018)、カラー、サイズをご記入の上お申し込み下さい。過去にウチのウェアをお買い求めいただいた方については、電話、直メなどのざっくり注文でも大丈夫です。
注文の受付後、折り返し当方より確認のメールを送らせていただきます。お支払いは方法は原則として銀行振込(じぶん銀行)となります。その際の手数料はお客様のご負担をお願いします。なお、Various Techniques が出店させていただくイベントでの手渡しも可能です。注文時にお申し付けください。
発送・受け渡し時期:原則として注文をいただいてから5日(祝・休日は除く)以内。準備が整い次第、メールにてお知らせします。

特記事項 ※最後までお読み下さい

注文確定後のサイズ、カラー変更はお受けできません。ご了承下さい。
お客様より収集させていただいた個人情報を、お客様の承諾を得ることなく第三者に提供、開示することは一切いたしません。



2016年4月、初売りとなりました「Tシャツ・ラブサミット27 “デライト”」のウチのブースです。おかげさまで大変なご好評をいただきました。ありがとうございます!



VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

[Products_2013_2017]V.T.018 - 2016.10.05 Wed

 フリーランスとして迎えた2016年も、おかげさまでお仕事に恵まれ、毎月25日にお給料をいただいていたのも、今となっては遠い昔のコトのようです。ありがとうございます!





ウチの2016年新作第1弾、その名も「V.T.018」です。2012年から続く「謎の生命体」シリーズの最新作となるワケですが、今回は尾裂狐(おさき。九尾の狐が有名ですね)をモチーフにしました。キツネの面や古代文明のアイコンをベースに、意味ありげな世界地図、そして例のメカ要素をブチ込んで、悪辣な妖怪として知られる九尾の狐らしく(?)秘密結社のシンボル風に仕上げました。え? それ以前にキツネに見えないって? そこは僕も悩んだんですけど、世界中の祝祭などで用いられる動物モチーフの絵画やお供物などを色々調べてみたら、なんだかオリジナリティ高すぎで全然似てねえじゃん! ってモノばっかりで、僕も気に入ったカタチを崩してまで「どっから見てもキツネ」に仕上げる必要もないかな〜、と判断しました。ちなみに、世界地図を使ったことも、なにかの略称を思わせる欧文部分のピリオドも、単に「なんか意味深っぽい」だけでまったく意味も意図もありませんので安心してください!





VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

在庫薄めでアレなんですけど、よろしくお願いします!。
vtos_icon.jpg

[ステキ企画]第5期支援金合計額ほかのご報告。 - 2016.10.05 Wed

 2015年9月1日から2016年8月31日までに、皆様にお買い上げいただきました Various Techniques のステキ企画商品(該当商品には企画の詳細を記したカードが封入されております)の売り上げの集計が完了しました。

 前期と同じく、ウチの売り上げから規定の額を寄付金としてお預かりし、その合計額に各方面からお預かりしました心意気を加算させていただいた結果、今期の寄付総額は35100円となりました。お力添えをいただきましたすべての皆様にあらためて御礼申し上げます。

 今期は例年とは異なり、4月に発生した熊本地震で被害に遭われた方への支援として、5月上旬に一度売り上げを集計し、偶然にも同時期に熊本在住の方とお仕事をご一緒させていただいたご縁もありましたので、そのデザインのお代からもプラスして寄付させていただいたきました(関連記事はコチラ)。その後、8月にも東日本大震災における被災児童支援チャリティのお仕事をいただき、今回の集計にはそのお仕事のお代全額も乗っています。いちおうコレは書いておきたいのですが、チャリティ=ノーギャラという図式は、常にケースバイケースではあるものの、現実的にイコールにはなりません。その活動を続けるスタミナ源としてのお金だって当然必要です。要はバランスの話なんですね。今回いただいたお仕事では、現場にそういった空気があったワケではなく(それもまた思いやりなのです)、ギャラの寄付については偶然にも同じ趣旨の活動を続けてきた僕の、個人的な判断であることをお知り置きいただければ幸いです。

 今回の支援先につきましては現在色々と調べており、東日本大震災における被災児童支援というルールは変わりありませんが、震災から5年が過ぎ、被災児童支援のカタチにも幾つかの大きな変化が訪れているとも聞きます。今までは多様な思想・信条をお持ちの皆様からお預かりしたお金でもあるので、最大公約数的にご納得をいただけるという意味で行政機関への寄付を続けてまいりましたが、そこから1歩踏み出して、ステキ企画の活動趣旨に合致し、かつ独自の活動をされているNPOさんなどへの寄付も視野に入れ、なんとか10月下旬〜11月上旬には結論を出してHPにてご報告させていただきます。皆様におかれましては今暫くお時間をいただければ幸いです。

 そして、現在は繁忙期の真っ只中でVTの活動はほぼ停止状態ですが、2016年9月1日より第6期がスタートしました。なにかのご縁でお気に召したアイテムなどがございましたら、その時はお力添えをいただければ幸いです。そして2017年に向けて新作や再生産アイテムについても準備中です。今後ともVarious Techniques をよろしくお願いします。




4月の熊本地震と同時期に発生したエクアドル大地震で被災された方にも、日本赤十字社を通じて寄付させていただきました。こちらにつきましては100パーセント、僕のアートディレクション・デザインのお仕事からの寄付となり、となるとご報告の必要もないのかなあ〜、とも思ったのですが、過去の記事で触れてしまったことでもあるのでここにご報告申し上げます。画像はその受領書、背景は僕の趣味です。今まさに世界中で起こっている悲しい出来事のすべてに向き合うことはほぼ不可能なことなのですが、手段と目的が入れ替わらない範囲で、できることを続けていきたいと思います



VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

ちょっと在庫が薄めですが、よろしくお願いします!
vtos_icon.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

vt4126x

Author:vt4126x
小学30年生。やればできる子。

Instagram

exhibit information

2017 / 04 / 29 sat / 30 sun
T-SHIRTS LOVE SUMMIT 29 GW2017
@科学技術館
(東京/千代田区)
…related article

V.T.recommend

#010osbn

#016osbn

#014osbn

わたしはいま

Category

お問い合わせ用メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Various Techniques ONLINE STORE 商品購入のお申し込み、そのほかのお問い合わせはこちらからお願いします。

QR Code

QR

Recent Posts

link_01

このブログをリンクに追加する

link_02

ブログ内検索