2016-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[告知]今週末はJSC! VT出店直前情報。 - 2016.07.10 Sun

 大盛況だったラブサミの興奮冷めやらぬ中、Various Techniques はきたる7月17日(日)、東京は浅草の都立産業貿易センター台東館で開催される国内最大級のシューティングマッチ「第31回ジャパン・スティールチャレンジ(以下JSC)」に協賛、出店、スタッフ、選手とフル回転で参加させていただきます。本年は同日、同会場でスポーツガンによる国内最高峰の精密射撃競技イベント「第26回APSカップ東京本大会(以下APSカップ。16~17日の2日間開催)」も開催され、競技のみならずメーカー、専門店、そして愛好家によるシューティングに特化した出店も例年以上のボリューム。トイガン・シューティングの聖地である都産貿は上も下もシューティング三昧。今から各競技のエントリーは残念ながらできませんが、いずれも入場無料のイベントなので、見学、ショップでのお買い物は自由です。会場予約の偶然から生まれたこの惑星直列級のお祭りをお見逃しなく! なお、両会場とも入場時にはアイプロテクション(眼鏡も可ですが、お持ちであれば専用のモノをご用意ください)の着用が必須となります。両会場ともレンタルグラスもご用意しておりますので、お気軽にスタッフにお声かけください。



 今年のウチの出し物なのですが、今年はシューティング系イベント専売ライン「WEEKEND ASSAULT」を立ち上げ、お披露目となった5月のアンリミでは受注のみという変則的な出展ながら、おかげさまで多くの方からご好評をいただきました。今回は昨年のJSC同様、販売モデルは「V.T.010r1(通常モデルの紹介記事はコチラです)」1種に絞りつつ、アンリミに続きデザートカーキ、定番のブラック、そして新色のODほかのミリタリー系からビビットカラーまで、ヤケクソな数のカラバリを販売させていただきます。ベースはUnited Athle 5942、カラー、サイズなど現物は当日JSC会場にてご確認ください。価格は2500円(税込)です。



 そして今年もウチがデザインを担当させていただきました、第26回APSカップ東京本大会開催記念Tシャツ(商品の詳細はコチラをお読みください)もJSC会場内で購入可能です。こちらは当日出店される東京は赤羽のホビーショップ・フロンティアさんのブースで取り扱い予定です。価格3800円(税込)です。



 で、今回もやっちゃいます! JSC、そしてAPSカップのハンドガン部門(17日開催)の両会場を対象に、当日ウチのTシャツをご着用いただいた選手、ご来場のお客様全員にウチのステッカーをプレゼントさせていただきます。ウチで製作させていただいたウェアであれば、販売元が異なるモデル(例えば、ASC青ポロ、MACH SAKAI Tシャツ、歴代APSカップ開催記念Tシャツなど)も適応されますので(ステッカー足りるかなあ~)、お時間がある時にぜひJSC会場内のウチのブースにお越しください! 試合中は僕も選手なのでブースに不在の時間が多くなってしまいそうですが、会場内ではステッカーを持ち歩きますのでTシャツをご希望の方、特典対象の方は試合中以外のタイミングで声をかけてください。よろしくお願いします!

 それでは2016年シューティング・シーズンのクライマックスとなりそうな記念すべき1日、最高の思い出になるよう、みんなでがんばりましょう。選手としては今回もゴニョゴニョ状態ですが、17日(日)、皆様とお会いすることを楽しみにしています。よろしくお願いします!



VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

ちょっと在庫が薄めですが、7月下旬に2016年モデルを追加します。よろしくお願いします!
vtos_icon.jpg

スポンサーサイト

[告知]第26回APSカップT開催記念シャツのお知らせ - 2016.07.03 Sun

 特定非営利活動法人 日本エアースポーツガン協会(以下:JASG)の主催により、1993年から定期的に開催されている「スポーツガン」を用いた射撃競技会「APS(Air Precision Shooting)CUP(以下:APSカップ)」。いよいよ目前に迫った第26回東京本大会(2016年7月16~17日開催)の開催記念Tシャツのデザインを、本年も Various Techniques が担当させていただきました。

 2014年からご好評をいただいております開催記念Tシャツは「選手の皆さんの競技への想いをストレートに表現する」が毎年共通のテーマなのですが、デザインについては特定のスポーツに伴うイメージ、記念品としてのステイタスなどはひとまず置いて、あえて街着としてのバランスを優先させています(2014年モデルはコチラ、2015年モデルはコチラをごらんください)。

 昨年も書かせていただきましたが、近年はメジャーマイナー問わず、スポーツ全体の観戦人口、そして競技人口の減少への対策として「それぞれの競技が持つ従来のイメージから一歩外に踏み出した」アパレルやグッズの製作に力を入れています。はたして、ユーザーのほぼ全員が選手という現在の射撃競技界において、その考えが当てはまるかどうかは未知数ではあるものの、たとえチャラいと言われようとも、個人的にはその潮流に乗りたいというか、トイガンというホビーの源流とは別の流れをデザインで提示させていただければ、という想いが強いのです。それが支流のひとつとして皆様にご愛顧いただければ幸いです。

 というワケで、本記事が初公開となります2016年モデルがコチラです!



 フェミニン濃度マックスとなった2015年版と比較して、本年はキャッチが力強い文言なので、それに合わせてグラフィック、色遣いも例年より硬派(?)に仕上げました。ベースシャツは Printstar 00085 5.6oz (ウチが採用しているUA5001とほぼ同一の仕様です)のゴールドイエロー、プリントカラーは黒とブルーグレーのツートン。サイズはメンズがS〜XXXL、ガールズはMをご用意させていただきました。価格は3800円(税込)です。本年も販売元であるフロンティアさんのご厚意によりウチの「ステキ企画」該当商品とさせていただきます。いつもありがとうございます!

 発売は2016年7月9日(土)を予定しておりますが、直前の納品となるので週明けにズレ込む可能性もございます。お問い合わせは東京は赤羽の「ホビーショップ・フロンティア」さんまでお願いします。販売は例年と同じくフロンティアさんの店頭、通信販売が中心となります。ご興味がございましたら是非コチラにお問い合わせください。

 それと、7月9日(土)にウチが出店させていただきます国内最大規模のTシャツの祭典「Tシャツ・ラブサミット28 “エモーション”」でも少量ですが販売させていただく予定です。基本的には参加選手、そして愛好家の方に向けてのグッズなのでオープンな販売は控えるつもりですが、もしラブサミでの購入をご希望の方がいらっしゃいましたら事前に連絡をいただければ対応させていただきます。

 さらに、7月17日(日)にAPSカップ東京本大会と同日・同会場で開催されますシューティング・イベント「第32回ジャパン・スティール・チャレンジ(以下JSC)」会場内、フロンティアさんのブースでも販売予定とのこと。APSカップとならび国内最高峰のシューティング・イベントであるJSCには、ウチも協賛兼スタッフ兼出店者兼選手として参加させていただきます。

 ちょっとややこしいご案内となってしまいましたが、よろしくお願いします!

 APSカップの詳細はJASG公式HP、そしてAPS競技の情報が満載のコチラをぜひごらんになってみてください。



VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

8月も出店したいな~。
vtos_icon.jpg

[ステキ企画]熊本地震支援金の諸手続完了のご報告。 - 2016.07.03 Sun

 まずは本件のご報告が遅れてしまったことを心よりお詫び申し上げます。

 すでにウチの公式 twitter などでお知らせさせていただいておりますが、Various Techniques では2016年4月14日に発生した熊本地震で被災された方に向けて、ステキ企画でお預かりさせていただいております支援金ほかを寄付させていただきました。今回はその金額の合計、内訳のご報告です。

 現在継続中の第5期ステキ企画は2016年8月31日を〆に設定しておりましたが、こういった事態ですので2016年5月8日までにお預かりした額(この中には7月2日時点でお取り置きとなっているTシャツも含まれます)から10000円。そして同時期に熊本にお住まいの方とお仕事をご一緒させていただいたという偶然もあり、そのデザイン報酬から10000円を足して計20000円となりました。

 そして、今回は熊本県の特産・名産品、そしてご当地キャラクターとして不動の人気を誇る「くまモン」グッズを取り扱う人気のショップ「銀座熊本館」と同じビルにある、東京熊本県人会のオフィスにお邪魔して直接お渡しさせていただきました。



 義援金の受付は1Fのくまもとプラザでも受け付けているとのことでしたが、皆様へのご報告として領収証をお願いしたところ、熊本県人会さんのオフィスで発行してもらえました。そこで、お調子者の僕は多忙を極める職員の皆様に「よくある写真を撮らせて欲しい」とダメもとでお願いしたところご快諾をいただき、いつもは領収証だけの記事に彩りを添えることができました。あらためて東京熊本県人会のスタッフの皆様に御礼申し上げます。まあ、こういうコトをすると、昨今で言うところの売名行為だとか、そういったご意見もひょっとしたらあるのかもしれませんが、ウチくらいのアングラ活動であれば大目にみてもらえるのではないかと。



こちらが領収証です。ご担当者様のフルネームはこちらで隠しました。あしからずご了承下さい

 第5期ステキ企画はこのまま予定どおり2016年8月31日まで継続し、9月中にその合計金額、支援先などをご報告させていただきます。なお、熊本地震と同時期に発生したエクアドルの大地震への支援につきましては、ステキ企画ではなく僕がデザインの仕事で得た報酬から日本赤十字社への寄付を完了しました。こちらも領収証が送付され次第、当HPにて詳細をご報告させていただきます。 

 ステキ企画はこれからも細く長く継続させていただきますので、なにかのご縁で当HPにお気に召したアイテムなどがございましたら、その時はお力添えをいただければ幸いです。今後とも Various Techniques をよろしくお願い申し上げます。



VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

よろしければコチラもぜひ!
vtos_icon.jpg

[告知]Various Techniques 2016新作第3弾予告編 - 2016.04.21 Thu

 まず、前回の記事で触れさせていただきました熊本地震、そしてエクアドルの地震への支援についてですが、現時点でウチのステキ企画でお預かりしております分の一部、ラブサミの売り上げ、そしてGWに開催予定の各種イベントのお手伝いで発生するギャランティなどを総合して支援額を決めたいと思っています。支援先も含め、詳細はGW明け〜5月下旬にHPにてご報告させていただきます。現時点で、あらゆるイレギュラーが発生する可能性もあり、状況によっては事後報告となってしまうかもしれませんが、その際は何卒ご容赦いただけますようお願い申し上げます。



 4月29日(金)に出店させていただくことになりました、東京は九段下の科学技術館で開催される国内最大規模のTシャツの祭典「Tシャツ・ラブサミット27 “デライト”」に向けて、昨年からコツコツと作業していた新作3種がいよいよ完成しました。今回は、2013年にはじめて参加させていただいたラブサミ当日に、なんの前触れもなく発表させていただいて以来ロングセラーとなったモデルを大改修した2016年仕様です。



ウチの2016年新作第3弾、その名も「V.T.012r2」です。モチーフは3メートルの宇宙人こと「フラッドウッズ・モンスター」で、例のメカ要素に加え、アノ時計を思わせる、ウチとしては珍しいパロディ要素を盛り込んだモデルです。そこにアメトイのパッケージを思わせるグラフィックと宇宙語(?)を追加した2014年仕様も大変なご好評をいただきましたが、2016年仕様はそこにトランプ(あの気が狂ったオッサンのことじゃありませんよ)の要素を加え、さらに意味不明な仕上がりとなりました。個人的に、いや誰もが1度は着てみたいと思っているに違いない(?)、スペード柄のTシャツを活動13年目にしてやっと作るコトができました。今回、新作はすべて黒T&白プリントにすることを先に決めていたので、最初は012先代モデルのグラフィックを反転させるだけで済ますつもりが、不思議なコトに反転させるとまったくアノ時計に見えなくなってしまい、これには焦りました。結果、グラフィックはほぼ新造となり(先にご紹介した火車Tもそうなんですけど)、モノトーンとスペード柄の相性というか見栄えもイイ感じにまとまったので、このようなグラフィックとなりました。思えば、ほぼラブサミ専売モデルとなっている012ですが、個人的にウチの歴代Tシャツの中でも特に思い入れもあり気に入っている1着です。現物の画像やカラーなどについては近日中にあらためて。よろしくお願いします!





VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

在庫を更新しました。お取り置き、ラブサミ会場でのお渡しも可能です。
vtos_icon.jpg


[告知]Various Techniques 2016新作第2弾予告編 - 2016.04.18 Mon

 まずは熊本、そして海を越え日本の裏側に位置するエクアドルで発生した大地震で被害に遭われました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。VTの活動として現在も継続中のステキ企画、個人的な寄付、あるいは支援物資としての在庫の提供ほか、2011年の経験を踏まえ、いま必要とされていることを考えて近日中に、微力ではございますが支援の内容について判断したいと思っています。ウチの活動を通じて寄付などを行う場合は、あらためてHP上でご報告申し上げます。



 4月29日(金)に出店させていただくことになりました、東京は九段下の科学技術館で開催される国内最大規模のTシャツの祭典「Tシャツ・ラブサミット27 “デライト”」に向けて、昨年からコツコツと作業していた新作3種がいよいよ完成しました。毎年、この頃になると完成した新作を手にしては「おお〜、ついにオレも覚醒したな〜」と図に乗り、秋頃に「あれは気のせいだったんだろうか…」と凹む、そんなサイクルを何度も繰り返してきたワケですが今年も性懲りもなく頑張ります。というワケで、本日は新作第2弾のご案内です。



ウチの2016年新作第2弾、その名も「V.T.017r1」です。2015年に製作したV.T.017の2016年仕様で、妖怪の「火車」をモチーフにトライバルパターンや例のメカ要素などをブチ込みました。昨年のモデルからの改修点としてはグラフィックの細部ディテールとバランス、プリントサイズとカラーの見直し、そして活動13年目にして初の「日本語見出し」に挑戦してみました。車輪の妖怪からイメージされるSFというかインダストリアルっぽい言葉を組み合わせただけで意味はないのですが、日本語を使うと見た瞬間に読めてしまうので、今回はそれを避けるためにあえて反転させました。鏡や窓とかに自分の姿が映ったときにすごく面白い効果があって(ぜひお試しいただきたい!)、もともとウチの第1号Tシャツが反転ネタだったんですけど、これからも使っていきたい大好きな手法です。ちなみに、車輪モチーフゆえにリサイクル的なアイコンも使いましたが、それはメッセージというより「こんな(なんでもリサイクルしてくれる)メカがあったらイイな〜」的ファンタジーのつもりです。この謎の生命体シリーズでは(そろそろ正式な名称を決めたいな〜)荒唐無稽さや、カッコつけきれない可愛げ、みたいな味付けを共通のテーマにしたいと思っています。現物の画像やカラーなどについてはまたあらためて。よろしくお願いします!





VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

お取り置き、ラブサミ会場でのお渡しも可能です。
vtos_icon.jpg


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

vt4126x

Author:vt4126x
小学30年生。やればできる子。

Instagram

exhibit information

2016/07/17 sun
JAPAN STEEL CHALLENGE 31th
@都立産業貿易センター台東館
(東京/台東区)
…related article

V.T.recommend

#010osbn

#016osbn

#014osbn

#fff_bn

わたしはいま

Category

お問い合わせ用メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Various Techniques ONLINE STORE 商品購入のお申し込み、そのほかのお問い合わせはこちらからお願いします。

QR Code

QR

Recent Posts

link_01

このブログをリンクに追加する

link_02

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。