FC2ブログ

2007-08

[私事]TRANSFORMERS - 2007.08.04 Sat

tf0804a.jpg


 2007年8月4日。ついにこの日がやってきました。

 東京は六本木ヒルズ内にある映画館「TOHO CINEMAS」にて、8月4日深夜0:00から映画「TRANSFORMERS」のレイトショーがあり、朝まで待てないせっかちな僕は仲間を集い観に行ってきました。もう劇場周辺はスターウォーズばりの盛り上がりで、ベタベタなファンの集会と化す……と思いきや、TFファンを主張しまくった格好で臨んだのは僕を含めてホンの数人で、周囲にはカップルや外人さんが目立ちます。まあギロッポン(死語)だし、時間も時間だし、ソレ以前にどういうワケかレイトショーの情報がなかなか入ってこないという状況もあり、空席もチラホラ。おまけに0:00公開なんだからカウントダウンでもやってくれるのかと思いきや、やれ予告編だの鑑賞時のマナーだの著作権がなんたらだの、そんな映像が延々と続き、気が付けば0:20。「あれ〜、なんか~、オレの~、想像と~、チョットちがう~(棒読みでお願いします)」なんて少しくらいすねたってバチはあたらないでしょう。

 封切り早々ネタバレもアレですから、細かくは触れませんが、肝心の映画はというと、そりゃもう、凄まじいとしか言いようがない映像に圧倒されっぱなし。特に終盤は観ていて目が追いつかないくらいのスピード感で、正直、一回観ただけでは完全に理解できないほど。とにかく映像の勢いで144分という長めの上映時間を感じさせない、ひたすらゴリ押し状態で、冷静に振り返るとツッコミどころも少なからずあるのですが「んなこたどうでもいいだろ!」的なテンションですべてぶっちぎり。この姿勢は旧テレビシリーズにも通じる部分があり、TFファン的には問題はなさそうな気はするのですが、じゃあこの映画を観た人すべてがそう思うか? と問われれば、もちろん僕にはわかりません。

 なにはともあれ、僕的にはメチャクチャ面白い映画でした。ただ、青春恋愛映画濃度が高めにもかかわらず、予想以上に見事な「トランスフォーマー」の映画だったので、そういう意味ではデートコースには組み込みにくい作品なのかもしれません。が、とにかく映像のテンションが異様に高い作品なので、乱暴な話、ストーリーや設定がわからなくても楽しめるような気もするので(ファンならではの極論かもしれませんが)、「アクション映画」が好きな彼女を誘えば、この作品のラストシーンのような結果が得られるかもしれないし、得られないかもしれません。

 そして、興奮しすぎてグッタリしてしまった僕たちは六本木ヒルズから離れ、さながら巡礼の如く、同じ六本木に構える期間限定店舗「TRANSFORMERS cafe」に向かいました。幸い、週末は早朝までの営業とのコトで入店を果たすコトができましたが、ココはかの「BACKS cafe(オートバックスが経営するダイナー)」が期間限定(2007年9月末まで)でトランスフォーム! と言うべきところですが、内装とかメニューはBACKS cafeまんま。しかしココにはプロモーション用に製作し、先のジャパンプレミアでも話題になったBUMBLEBEE(76~77年式の黄色いカマロ)が展示されています。それと3500円以上の飲食でTFグッズがあたるキャンペーンほかのサービスも。でも僕が一番欲しかったのは、スタッフが着用しているAUTOBACS&TRANSFORMERSのロゴが入ったダブルネームチックなTシャツだったのですが、残念ながら非売品とのこと。どう見ても六本木に似つかわしくないイタイ客の集団だったにもかかわらず、僕らのムチャな質問にも気さくにお答えいただいた店員さん、ホントにゴメンなさい。

 以下、当日深夜に撮影したイタイ写真です。

tf0804b.jpg


TRANSFORMERS cafeに展示してあったBUMBLEBEEは、撮影に使用されたモノがすでにe-bay(世界最大のインターネットオークションサイト。本編でも重要なキーワードになっている)とのタイアップ企画として出品&落札されており、コレは日本国内で新たに製作されたモノ。そして当然、記念撮影。写っているのは僕ですが、またしても醜いツラをしているので顔出しは自粛。この日は、僕が持っているTF系Tシャツの中でもドベタ度が高い、自ら渡米して貰った2001年BOTCON参加者に配られたTシャツで武装

tf0804c.jpg


これまたTF重病患者にして仕事仲間でもあるY君は2004年にヒッソリと発売されたWORLD WIDE LOVE! 限定のTシャツで参戦。ジェイミー・リードへの深すぎる愛と、TRANSFORMERSの奇跡(?)の融合。USA感強めのTF系アパレルの中にあって異彩を放つ一枚。この路線は続けてほしかったのですが……

tf0804d.jpg


当日の戦利品。さすがに公開前夜というコトもあり、劇場で販売されていたのはパンフレットと一部オモチャのみ。TRANSFORMERS cafeにもジャパンプレミアなどで配られたブックレットなどがあったので、大人げなくゴソッと貰ってきました。パンフレットにはTシャツほか、劇場オリジナルグッズが多数紹介されていたので、コレは売り切れる前に通販で買っておこうかな~

 最後に、上映直前まで日本中を駆け回っていたにもかかわらず、気前よくシートの手配などをしてくれた盟友のF君にはこの場を借りて御礼申し上げます。僕がプチ軟禁状態だったのでホントに助かりました。

 さて、次は吹き替え版観にいかなきゃ!

[Products_2003_2007]V.T. button badge 2nd - 2007.08.01 Wed

2006年2月納品
直径25mm
全2種

[メモ]
売る機会に全く恵まれないウチに、在庫の大半が錆びてしまったという悲劇のアイテム。結局、状態がイイ在庫をイベントでお客さんに無料配布してお開き。カンバッジは在庫の保存方法が難しいという教訓は得ましたが、高い授業料でした。

20070801110204.jpg




VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

コチラもよろしくお願いします!
vtos_icon.jpg

[Products]V.T.008 - 2007.08.01 Wed

2007年1月上旬納品(正式な販売は2007年2月より)
ベースシャツ:United Atule リブ付きロンT
プリントカラー:レッドほか
ベースカラー:ブラックほか

[メモ]
 2007年2月4日、東京で開催されたトイガン・イベント「Cool style TOY」にてデビュー。ウチの初ロンスリ。初版のプリントカラーを赤にしたのは、かつて多くのシューターたちに愛用されたアーニーヒルのロンスリによる影響特大です。近年、スポーツの世界ではハイテク素材を用いたロンスリが主流になりつつあり、いずれはウチでも挑戦したいと思っています。

20070801102932.jpg


vt008f.jpg




VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

コチラもよろしくお願いします!
vtos_icon.jpg

[Products_2003_2007]V.T.006 - 2007.08.01 Wed

20070801102842.jpg


vt006f.jpg


2006年12月27日納品(正式な販売は2007年2月より)
ベースシャツ:United Atule ラインポロ
プリントカラー:ホワイト
ベースカラー:ネイビー

[メモ]
 2007年2月4日、東京で開催されたトイガン・イベント「Cool style TOY」にてデビュー。以前からリクエストがあったにもかかわらず、自分がポロシャツというツラではないから、という理由だけで製作が遅れていた問題作。個人的な嗜好から、ラインポロ以外のチョイスは考えられませんでした。



なんか楽しそう



VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

コチラもよろしくお願いします!
vtos_icon.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

vt4126x

Author:vt4126x
小学30年生。やればできる子。

Instagram

exhibit information

92th The VICTORY Show
2020 / 01 / 12 sun 13 mon
@東京都立産業貿易センター台東館(東京/台東区)
Various Techniques は13日のみの出店となります
…related article

V.T.recommend

#020_osbn

#12580_osbn

#015_2017_osbn

#012r2_2017_osbn

#010_2017_2_osbn

#016_2017_osbn

わたしはいま

Category

お問い合わせ用メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Various Techniques ONLINE STORE 商品購入のお申し込み、そのほかのお問い合わせはこちらからお願いします。

QR Code

QR

Recent Posts

link

ブログ内検索