2014-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[告知] 三文役者出陣! 都産貿@浜松町2連発 出店のお知らせ その2 - 2014.03.31 Mon

 おかげさまで「第72回ビクトリーショー」内「上矢商店」ならびに Various Techniques コーナーは大盛況のうち、無事お開きとなりました。お足元の悪い中、会場にお越しいただきました皆様、ならびにご協力いただきました皆様にあらためて御礼申し上げます。



ビクトリーショーに出店させていただくのははじめてだったのですが、その盛況ぶりに圧倒されました。おかげさまで、先行販売「V.T.014」もご好評をいただき、ウチが密かに最重要ミッションと定めていたフライヤー配布も絶好調。これから始まる出店ラッシュに向けてイイ弾みとなりました。ちなみに、この雑な値札は2008年に出店させていただいたこのイベント以来、ずっと amazon のダンボールを破って作っています



開催中はあいにくの天候でしたが、閉会直前になって急に雨雲が消え、僕たちのブースが日差しに照らされました。その光とともにやってきた、僕が大好きなヒーローと記念撮影。Yo! Joe!!


 ……そして、4月6日(日)、Various Techniques はビクトリーショーと同じ場所、東京は浜松町の東京産業貿易センター浜松町館で開催されるシューティングマッチ「C-MORE CUP UNLIMITED 2014(以下アンリミ)」に協賛ならびに出店、さらには選手として競技にも参加させていただくことになりました。今回も昨年と同様、盟友である「STUDIO MACH SAKAI」さんと合同で出店、お互いが試合の合間に店番というカタチで皆様のご来店をお待ちしております! ウチの当日販売予定アイテムは……





 まず、ビクトリーショーでもご好評をいただきましたウチの3~4月の新作「V.T.014」と「V.T.012_2014」です。今回は会場で販売予定のアイテムが例年より多いという事情もあり、全サイズとカラバリの持ち込みは難しいかもしれません。現時点でアンリミ会場でのご購入をご検討いただいてるお客様がいらっしゃいましたら、事前に当HP左下のメールフォームなどでご連絡をいただければ、個別にご用意させていただきます。あとは当日、現物をご覧になった上でご購入の判断をしていただければ幸いです。そしてビクトリーショーと同じく、現時点で在庫しているカラーとサイズに限り、取り置き&会場での支払いも可能です。「V.T.014」も、4月3日より取り置きが可能となりますので、ぜひご利用ください。よろしくお願いします!



 そして、2014年より販売を再開した、2011年製作の「V.T.011」です。詳細はリンクに譲るとして、2014年から工事で全館閉鎖となっている、トイガンシューティングの聖地「都立産業貿易センター 台東館」と、そこに集う仲間たちへの想いを、それが1ミリも伝わらないグラフィックで表現しました。今日はベタベタなカッコしたくないな~、という時に重宝するかもしれないし、しないかもしれません。まさにウチの芸風に忠実な自信作です。在庫はメンズMサイズのみですが、こちらも取り置き&会場での支払いが可能です。なお、取り置きによる品切れにつきましては、何卒ご容赦下さい。

※4月5日16:00現在、事前取り置きのお問い合わせをいただき、在庫は2着となりました。ありがとうございます!



 ウチ的に今回の目玉と勝手に思っているのが、Various Techniques の記念すべき第1作であり、5年に1回くらいのペースでリニューアルを重ねてきた「V.T.001」の最新リニューアル仕様である「V.T.001r1_2013」です。「6mm」という、トイガン的にあからさまなワードを、簡単に読まれちゃうとチョット恥ずかしいので逆版に……というシンプルなグラフィックで、現在でも多くの方にご愛用いただいているウチのド定番モデルです。この「V.T.001r1_2013」は2012年秋に完全受注生産という特殊な形式で販売し、当時はプリントカラーが自由に選べたのですが、今回は当時ご注文いただいたお客様とカラーが被らない青系のカラバリを少数ですがご用意させていただきました。よほどのことがない限り(1000枚単位の発注がきて、僕が金に目がくらんだとか……)、向こう数年は再生産しない予定なので、この機会にぜひ。在庫はメンズMサイズのみですが、こちらも取り置き&現地支払いが可能です。HP上でカラーの内訳を公開していないので、まずはお問い合わせください。なお、こちらも取り置きによる品切れにつきましては、何卒ご容赦下さい。

※4月5日16:00現在、事前取り置きのお問い合わせをいただき、在庫は1着(ライトブルーのみ)となりました。ありがとうございます!

以上のアイテムにつきましては、ウチが現在猛プッシュ中の「Twitter フォロー特典」にご登録(ウチのアカウントのフォロー)いただいた方に限り、1着につき200円の割引が適応されます。ぜひご活用下さい!



 さらに、Various Techniques のデザインによる「STUDIO MACH SAKAI」オリジナルロゴTも販売します。ロングセラーアイテムとなった綿100仕様、そして2013年10月からラインナップに加わったドライTシャツの2種をご用意。サイズ、カラーの内訳につきましては当日、会場にてご確認ください。もちろん、最新作「JANPS DVD 2013」も販売します!

 4月6日に Various Techniques が販売を予定している商品は以上です。これだけのブツをひとりで電車で運べるのかどうか、ちょっとだけ不安なんですけど(雨なんて降った日には……)、とにかく当日、皆様とお会いするのを楽しみにしております。よろしくお願いします!



Various Techniques は2014年5月3~4日、東京は九段下の科学技術館にて開催される
国内最大規模のTシャツの祭典「Tシャツ・ラブ・サミット Vol.23 “ゴールド”」に
5月3日のみですが出店させていただきます! Tシャツの展示・即売ほか、1日楽しめるイベントが盛りだくさん!
詳しくはコチラをごらんください。

Various Techniques のTwitter オフィシャルアカウント「V.T.info」ではフォローいただいた方に限り、Tシャツが1着につき200円引きという「フォロー特典(2015年4月2日まで実地)」をご用意しました。割引は委託販売以外の販売方法で有効です。正直、告知アカウントのツィートなんて面白いワケがないのですが、ウザくない程度に控えめに呟きますので、ひとつよろしくお願いします!



いつものクセで浅草に行っちゃったらどうしよう……。
vtos_icon.jpg
Tシャツ好きが集う、怒濤のTシャツ情報サイト!
東京Tシャツ部
東京Tシャツ部


スポンサーサイト

[三文役者コラム]「深夜に走る」というコト。第0夜 - 2014.03.21 Fri

 2013年9月。Various Techniques に製作オファーをいただいた2種のドライTシャツ、そして2014年に向けて準備中だったウチの新作ドライTシャツの実用テストを兼ねて、僕は定期的なランニングを始めることにしました。

 とはいえ、スポーツが好きかといえば、観るのは大好きなんですけど、やるのは微妙~というのが正直なところで、そもそも僕はガキの頃から一貫して極度の運動オンチ&文化系思考タイプ。さらに言うならドライTシャツの実用テストであれば、極論、無理して僕自身が身体を動かす必要もないのかもしれませんが、やはり馴染みの薄い素材で作るからには自分の手で着倒して洗いまくってツブすという流れを体験したほうがイイのかな~、という苦渋(?)の決断です。これを経ておけば、実用強度などのご質問に対しては経験則でお答えできますし、この先、新たにドライTシャツのグラフィックを起こすにしても素材、機能性に合ったカタチを絞り込むコトができます。

 不規則&夜型の生活が常態化している中で「時間を問わず思いついたタイミング」で始められるテスト方法となると、やはりランニングが最適で、友人からサイクリングなども勧められたのですが、お恥ずかしいハナシ、ここ数年の不景気の影響で、僕が好きなトイガン・シューティング以外の遊びにお金をかけられないという苦しい事情もありました(ランニング=お金がかからない、というのは幻想だったコトを後に思い知るのですが……)。さらに、ここ数年の年齢的な体力、集中力の低下はちょっとヤバイくらいで、お世話になっている鍼灸師の先生からも下半身の筋力低下による血行の悪化を指摘され、その改善策としてランニングを勧められていたのです。こうなると、もはや諦めの境地というか見事なくらい条件が揃ってしまったので、箪笥の肥やしとなっていたトレーニングウェアを引っ張り出し、夜の街を高速で徘徊することを選択したのです。

 その「時間を問わず思いついたタイミング」で始められるという気軽さこそが、昨今のランニングブームの大きな理由のひとつであろう、と個人的に思っているのですが、そうは言っても僕の仕事&生活サイクルだと、走れる時間はどうしても深夜~早朝になってしまいます。ランニングを始めるにあたって、一番不安だったのが「ヒゲ、白髪ロン毛、ピアスだらけ」という僕の風体です。最近は少し落ち着きましたが、一時期は「職質アイドル」を自称するほどの人気者で、深夜の神楽坂、打ち合わせの帰り道に職質を受けている人を避けて先に進もうとしたらお巡りさんに「君にも聞きたいコトがあるから、そこで待ってて」なんて言われたコトもありますし、僕は彼らにとって決して見逃せない逸材(?)だったのです。そんな僕が夜中にヒイヒイ言いながら走ったところでランナーとしての外観的説得力はゼロだろうし、かといって「人は見た目じゃないんだよ」なんて主張する気もありません。でも万一、空き巣や下着ドロのカモフラージュだと疑われても超メンドくさいので、とにかく「ランナーでござい」という見た目、そして身のこなしを心掛けました。

 東京は早稲田に作業場を構える以前、僕は葛飾区の金町で10年ほど暮らしていたのですが(本当に良い街でした)、その頃も深夜に江戸川のサイクリングコースを定期的に走っていました(この頃は完全にダイエット目的です)。それについては正直、辛かったという思い出しかありませんが、あれから10年以上が経った今でも「過去の経験」があるから、そんなに苦労せずに昔のように戻れる……なんて少しだけ思っていました。が、大間違いにも程があるというか、いざ走ってみると10メートルも走ったら脚がフラついてまっすぐ前に進めないわ、歩道の段差に躓きまくり&避けたつもりの電信柱に肩を強打して転びそうになるわ、もうダメだ~、と公園のベンチに倒れるように腰掛けようとしたら、ベンチの真ん中にある鉄製の仕切りにケツを強打して跳ね返され、しばらく地面に四つん這い(orz状態)になったまま動けないわで、自身のあまりのポンコツぶりに衝撃を受けました……。

 こうして、深夜の高速徘徊は流れた時の長さと自身の劣化を痛感することで始まったワケですが、深夜の街には僕以外にも日中ではなかなかお目にかかれない面白い人がいっぱいいたのです。それについてはまたあらためて……。

(つづく)



2013年9月中旬からランニングを始めたのですが、当時はまだポンコツガラケーしか持ち歩いておらず、ランニング中の撮影はスマホを購入した同年12月から始めました。写真はウチの作業場からほど近い早大通り沿いです。日中は学生で賑わうエリアですが、平日の深夜3時頃にもなるとヒトもクルマもこのとおり。人知れず恥をかくには絶好の時間帯ですが、逆にナニかが起こっても人の助けは期待できません。後日、それを痛感する体験が待っているとは思いもよりませんでしたが……



本記事の経験をもとに製作した Various Techniques 初のドライTシャツ「V.T.014」です。夜のランニングやトレーニングに映える、それでいて恥ずかしい失敗をすべて夜の闇の中に葬ることができる……そんなウェアを目指しました。よろしくお願いします!



Various Techniques のTwitter オフィシャルアカウント「V.T.info」ではフォローいただいた方に限り、Tシャツが1着につき200円引きという「フォロー特典(2015年4月2日まで実地)」をご用意しました。割引は委託販売以外の販売方法で有効です。正直、告知アカウントのツィートなんて面白いワケがないのですが、ウザくない程度に控えめに呟きますので、ひとつよろしくお願いします!



取り置き&イベント手渡しも承ります!
vtos_icon.jpg
Tシャツ好きが集う、怒濤のTシャツ情報サイト!
東京Tシャツ部
東京Tシャツ部

[Products_2013_2017]V.T.012_2014 - 2014.03.03 Mon

2014年3月3日より販売
ベース:United Athle 5942
プリントカラー:黒/赤
ステキ企画適応商品



 Various Techniques 今期ラインナップ第1弾は、ウチの活動において常に大きな目標でもあった「Tシャツ・ラブ・サミット(以下ラブサミ)」への初出店に向けて製作した、ウチとしては珍しい「ネタT」、V.T.012 のリニューアル仕様です(グラフィックの元ネタというか、コンセプトらしきモノについてはコチラをごらんください!)。この V.T.012 は2013年5月、ラブサミでのデビュー以降どういうワケか大変なご好評をいただき、ありがたいことに完売後もお問い合わせをいただいたモデルです。当初は2014年春に追加生産をするつもりだったのですが、ウチは今まで同じグラフィックのTシャツを1年以上継続して販売したコトがなく、やっぱり今回も多少の手直しはしたいなあ〜、と思いつつ、でもハンパな手直しだと2013年版をお買い求めいただいたお客様に申し訳がないので、思い切って大幅にグラフィックを手直しして、ほぼ「新作」と言えるくらいの別モノに仕上げました。

 更にコンセプトに沿った悪フザケとして、今回はプリントカラーをイエローとホワイトの2種に絞り、それぞれ「SPEED」、「LOVERS」というあからさまなネーミング。更に、使い込まれたヴィンテージ感まで再現すべく「SPEED」にはバナナ、「LOVERS」にはナチュラルという、違いがわかりすぎるアナタに捧げる……そんなカラバリを少数ですがご用意しました。が、これがまた意外なコトに、元ネタうんぬん以前にその落ち着いた色味がグラフィックのバカ度を相殺し、なんか普通にカッコイイ仕上がりに。すべてのカラーにガールズサイズもご用意させていただきましたので、ラヴァコレよろしくペアで着るという命がけのパフォーマンスも可能です。ちなみに、ウチの名物「カップル割引 in the hell 」はメンズ2着でも、ガールズ2着でも、同一モデル2着であれば適応されますのでご安心ください!

 で、前回、ウチの2014年の活動テーマである「三文役者」について書かせていただいた直後に、2013年のテーマで作られたTシャツを出してくるとか、ソコは我ながらチョット変という気はしているんですけど、実は今回、自分が人生においてほぼ着たことがない白いTシャツを作った(ウチの独自製作モデルとしては初です)理由に、少しだけ今年のテーマが隠されているのです。コレを書いてしまうとカップル向けにうんぬんと書いたセールスポイントが、書いた側から木っ端微塵になってしまうのでホントは黙っていたいんですけど、僕自身 G-SHOCK が大好きで、ヤフオクとかでよく過去のモデルとかを物色したりしています。で、その膨大な出品リストの中に「レア! ○○○○年ラヴァコレ! メンズのみ」という、なんだか切なすぎるブツがあって、これぞ三文役者! と僕は思ってしまったのです。というワケで、この V.T.012_2014 は、基本(パートナーがいる、いないに関わらず)おひとり様向けですが、こんな裏事情も優しく受け容れてしまう包容力を持ち、酸いも甘いも知り尽くし、強い共感性で結ばれたオトナなふたりにもオススメします!



 そして、コレはセールスポイントでもなんでもないんですけど、今回のリニューアルにあたり僕は宇宙語を勉強しました。あやうく日本語をすべて忘れてしまうところでしたが、その成果もグラフィックの一部に活かされています。いったい、どんな基準で作られたのかも知りませんし、残念ながら僕には読めなかったのですが「宇宙語の50音変換表」というモノを見つけ、今回はソレに倣ってグラフィックにメッセージを加えました。すぐに翻訳を書いてしまうと面白くないのでココでは控えますが、ただの挨拶程度の簡単な言葉で深い意味とか、不謹慎とか、社会的なメッセージとかそういうのではありません。ご購入いただいた方にはそっとお教えしますので、当HP左下のメールフォームよりお申し付けください。

 最後に、前年好評だったとはいえ、ここまで変えてしまった上にマニアックな小細工まで盛り込んで、果たしてどういったご評価をいただけるのか僕自身まったくわからないのですが(昨年もわかりませんでしたけど……)、結果的に1年近くかけて、グラフィックをコツコツと煮詰めた思い入れが深いモデルです。願わくば多くの方に愛されますように……。



VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

コチラもよろしくお願いします!
vtos_icon.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

vt4126x

Author:vt4126x
小学30年生。やればできる子。

Instagram

exhibit information

2017 / 07 / 23 sun
The VICTORY SHOW 83th
@東京都立産業貿易センター台東館
(東京/台東区)
…related article

2017 / 08 / 20 sun
JAPAN STEEL CHALLENGE 32th
@東京都立産業貿易センター台東館
(東京/台東区)
…related article

V.T.recommend

#019osbn

#12580_osbn

#015_2017_osbn

#012r2_2017_osbn

#010_2017_2_osbn

#016_2017_osbn

わたしはいま

Category

お問い合わせ用メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Various Techniques ONLINE STORE 商品購入のお申し込み、そのほかのお問い合わせはこちらからお願いします。

QR Code

QR

Recent Posts

link

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。