FC2ブログ

2019-04

[告知]5月2日(木)〜3日(金)はラブサミ! V.T. 最新情報。 - 2019.04.29 Mon

 僕のGWは毎年恒例となった、スーフェスからのラブサミという大好きなイベントのハシゴという、言うなれば「科学技術館ウィーク」からはじまり、いよいよ5月2日(木)~3日(金)は、ウチにとって最重要イベントであるラブサミです。新作や、ラブサミ会場での割引企画などは過去の記事やウチのTwitter(フォローお願いします!)で発表済みですが、ここであらためてご案内させていただきます。

 まず、ラブサミでお披露目となる新作Tシャツは2種。



ウチでは初となる白Tベースの新作はシンプルなド定番、ラウンデルTシャツ「V.T.020(2500円/解説記事はコチラ)」。カラバリ、ガールズ、XXLあります。オーソドックスなUKラウンデルとは異なる鮮やかにして絶妙な色味を、ぜひ会場でご覧下さい。



同じく新作の「V.T.JK23JY28(2000円/解説記事はコチラ)」です。僕や仲間たちの「ベイサイドの想い出」をカタチにしてみました。我ながら売れないだろうと思いきや、現時点でお取り置きのオーダーを多数いただいております。4月29日現在、サイズはガールズM、メンズS〜XXLまで揃っていますが、ちょっとしか作っていないので、確実に入手をご希望の方はHP(PCモード)左側下段のメッセージフォームなどでお問い合わせください。

 以下、ウチの定番ラインナップです。



2013年、ウチの活動10周年とラブサミ初参戦に合わせて製作、以降何回かのリニューアルを経てロングセラーとなりました、通称コズミック・スペード「V.T.012r2(2000円/カラバリ・在庫リストはコチラ)」です。少量ですが、ご好評のヘザー系の在庫もございます。



こちらもロングセラー。「ゲリラ豪雨シリーズ」のコットン仕様「V.T.015(2500円/カラバリ・在庫リストはコチラ)」です。こちらも少量ですが、ご好評のヘザー系の在庫もございます。お得なセット割引あります。ウチのTwitter(フォローお願いします!)のTLでご確認ください。



ゲリラ豪雨シリーズのドライ仕様は実用性重視のシンプルデザイン。「V.T.016(2500円/カラバリ・在庫リストはコチラ)」です。スポーツ・トレーニングでも重宝します。お得なセット割引あります。ウチのTwitter(フォローお願いします!)のTLでご確認ください。



トイガン・シューティングという現在はまだマイナーなホビーのアイデンティティをベースにウチなりのアレンジを加えた「V.T.12580(3000円/カラバリ・在庫リストはコチラ)」はイベント販売のみのモデル。昨年のラブサミで予想外のご好評をいただきました。年明けに再生産の事前予約を告知させていただいたところ、僕の予想を軽く超えるオーダーをいただきました。



世界的に使われているトイガンのハッシュタグ「#AIRSOFT」を80年代テクノ的に表現した「V.T.010r1(2500円/カラバリ・在庫リストはコチラ)」です。いままでは競技会の会場のみで販売していたのですが、昨年からラブサミでの販売もはじめたところ、ご好評をいただきました。XXL(アップルグリーン)あります。



BB弾の直径というわかりにくいモチーフをシンプルに表現した、ウチの第1号モデル「V.T.001_2018(2500円/カラバリ・在庫リストはコチラ)」は5年に1度ペースで再生産しており、最近ではウチの15周年にあたる2018年にリニューアル。現在の在庫はドライのみとなり、次の生産は2023年になります。この機会にぜひ。



そして年明けに発表したウチのひさしぶりのグッズとなる防水2WAYサブバッグ「V.T.009b(1200円/解説記事はコチラ)」です。完全防水とはいきませんが、巾着とトートの2WAYで、屋外イベントや、日頃の急な雨などにかなり重宝します。セット割引もありますのでウチのTwitter(しつこいようですがフォローお願いします!)のTLでご確認ください。

 以上、足早ではございますが、ウチのラブサミ当日のお品書きとなります。4月29日現在、ラブサミの当日の割引企画についてはまだすべて発表していないので、Twitterのチェックをお願いします!

 それと今回のラブサミでは、僕がアートディレクション・デザインを担当させていただいております、キャラクター系書籍と連動した雑貨ブランド「HERO-X PIT」も出店させていただくことになりました。春に公開されたトランスフォーマーの映画「バンブルビー」とシリーズ35周年を記念した各地のイベントでご好評をいただいたTシャツを中心に、書籍・雑貨などの展示・販売をさせていただく予定です。Tシャツをはじめとする雑貨は現時点では通販が中心で、現物を見ていただく機会がまだまだ少ないので、これを機にぜひお見知り置きをいただければ幸いです。こちらもラブサミ直前まで会場での特典についてアナウンスがありますので、ぜひHERO-X公式Twitterのチェックをお願いします!

 ラブサミ当日、僕は基本的に Various Techniques のブースに常駐し、例年どおり過去の書籍のお仕事などのサンプルも持参してサロン的に緩く過ごせればいいなあ、と思っています。HERO-X PIT のブースにすぐに飛んでいきますので、ナニかありましたら(こちらもメンドくさいくらい作ったモノについて語りたいので)遠慮なくお申し付け下さい。

 今年もアツイGWになりそうです。出店者という立場を抜きに、大好きなラブサミが待ち遠しいです。ショッピングだけではなく、多彩なステージイベントも併催されるので1日中楽しめます。ウチ的にも例年とは異なり、5月の出店はラブサミのみとなりそうなので、皆様のご来場、心よりお待ちしております。よろしくお願いします!




当HPをスマホでご覧いただいている皆様にお願いです。当HPはリンクや画像をフルでお楽しみいただくことができる、PCビューモードでの閲覧を推奨します。スマホ版画面右上か右下のモニター型アイコンを選択してください。ご不便をお掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

コチラもよろしくお願いします!
vtos_icon.jpg

[告知]アンリミテッド2019 出店見合わせのご報告。 - 2019.04.21 Sun

 おつかれさまです! まだ出店のご報告もしていないのに、見合わせのお知らせというのもヘンな話なのですが、多くの方に毎年、公表前から「どうせ出るんだろ」的な嬉しいツッコミをいただくのと、例年のスケジュールを前提に予定を立てられていた方もいらっしゃるかもしれないので、前もってご報告させていただきます。

 例年だと4月に入った頃、その年のウチの新作とか再生産アイテムの大体のラインナップ・生産数が決まったタイミングで、協賛などのご相談をさせていただいていたトイガンシューティングの祭典「アンリミテッド(以下アンリミ)」ですが、本年は出店を辞退させていただくことになりました。

 その理由ですが、本年は例年以上に参加選手の増加が予想され、そうなると大会当日は会場内での選手・スタッフのスペース確保が最優先事項になると思われます。ありがたいことに主催のJTSAさんからは出店について前向きなお返事をいただいていたのですが、試合に挑む選手の居場所を削ってまで「宇宙スイス銀行」とか言っている場合じゃないだろうと我ながら思いますし、シーンの主軸からは少しズレた位置にあるウチの芸風というか、娯楽性みたいな要素も会場では良い方向に機能しないだろうなあ、と判断した結果です。

 振り返れば、JTSAの代表を務める中原さんにはその設立よりはるか以前、ATPFの前身にあたる「ACTION GEAR」の頃からお世話になっていて、ウチの出店も、法人化する前のJTSAさん主催イベントから10年以上続けさせていただきました。それが一旦途絶えてしまうのは正直に言えば残念ではあるんですけど、活況は大いに喜ぶべきことで(そもそも、ウチの出店もそれを願って続けていたことだし)決して下を向くような話ではなく、トイガンシューティングの世界も新時代の到来、そしてこれからも変わり続けていくであろう道程には、また会場でウチらしい娯楽をお届けできる機会が必ずあると思うので、ひとまず本年はその準備の年とさせていただきます。

 なお、協賛品については例年通り(総エントリー数に比例して、協賛品は増やすかもしれません)となりますので、アンリミにエントリーされる皆様にはぜひともゲット&着倒してやってください。よろしくお願いします!

 そのかわりと言ってはアレですが、ウチの直近の出店となる5月2日(木)~3日(金)に東京は九段下、科学技術館で開催されるTシャツのビッグイベント「Tシャツ・ラブ・サミット #31 MIRACLE 2019」にて、アンリミに持ち込む予定だったモデルもすべて販売するので、是非ラブサミにお越しください。いつもよりエグい割引企画も考えています。それと、例年ではラブサミで販売した新作は6月以降にウチの ONLINE STORE にアップされるのですが、例年よりも少し前倒ししようと思っています。

 取り急ぎ、お詫びも兼ねてご報告まで。今後とも Various Techniques をよろしくお願いします。



当HPをスマホでご覧いただいている皆様にお願いです。当HPはリンクや画像をフルでお楽しみいただくことができる、PCビューモードでの閲覧を推奨します。スマホ版画面右上か右下のモニター型アイコンを選択してください。ご不便をお掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

コチラもよろしくお願いします!
vtos_icon.jpg

[告知]ラブサミ新作「V.T.JK23JY28」完成。 - 2019.04.16 Tue



 僕の「食い合わせが悪い」趣味やライフワークのすべてを結ぶ、ベイサイドの記憶。

 ラブサミに向けた新作第2弾「V.T.JK23JY28」が完成しました。2013年くらいから、ず〜っと作ってみたいネタだったんですけど、それをどう表現するかがまったく定まらないというか、そもそもTシャツに刷る必要があるのか…とウダウダ悩んだ末、やっとカタチにできました。和文の部分はフォントに頼らず、ベクターでコツコツ組み上げる作業は軽めの地獄でした。

 自分なりの想いが詰まった1着ではありますが、解説はラブサミ会場でさせていただき、こちらでは年末くらいに書かせていただこうと思っています。まずは見たまま、感じたまま、各々のご評価にすべて委ねたいと思います。Tシャツのカラーはブラックとスミ、サイズはメンズS〜XXLをご用意しました。価格は2000円(税込)です。よろしくお願いします!










当HPをスマホでご覧いただいている皆様にお願いです。当HPはリンクや画像をフルでお楽しみいただくことができる、PCビューモードでの閲覧を推奨します。スマホ版画面右上か右下のモニター型アイコンを選択してください。ご不便をお掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

コチラもよろしくお願いします!
vtos_icon.jpg

[Products_2018_2022]V.T.020 - 2019.04.02 Tue



 2019年のラブサミでデビューした、ウチの歴史で初となる白Tがメインになるモデルです。

 そのモチーフは言わずと知れたイギリスの「ラウンデル(円形の国籍マーク)」です。ターゲットマーク、蛇の目などとも呼ばれ、おそらくは The Who によって知名度爆上げとなったTシャツのド定番ながら、学生の頃から黒T(あるいは濃いめの寒色系)ばかり着てきた僕の奇癖ゆえになかなか手を出せなかったデザインだったのですが、僕なりのアレコレをブチ込んで、やっと完成させることができました。こんなシンプルなカタチにアレコレもなにもないだろう、というツッコミもあろうかと思われますが、この外周の線の太さだけで毎晩「太い、いや細い」と悩み続けた挙げ句に不眠症になる様は、我ながら滑稽でさえありました。

 Various Techniques の活動の中で、いつかは必ずカタチにしたい定番モチーフが3種あります。ひとつはスペード。これは2012から2016年にかけてマイナーチェンジを重ねて完成した「V.T.012r2」で実現しました。3メートルの宇宙人ことフラッドウッズ・モンスター+アノ腕時計+アメトイのパッケージという、自分の大好物を組み合わせたグラフィックは個人的に本当に気に入っていて、再生産を重ねウチの定番モデルのひとつになりました。そして、もうひとつがUKラウンデル。これが新作「V.T.020」です。で、最後のひとつがクロスボーンなのですが、これもいずれはウチらしいモノを完成させたいと思っています。

 ということで、V.T.020 は「なんやかんやで、みんな着たいに決まってる3部作」の第2弾にあたるワケですが、ウチなりのアレンジというかアクセントとして、デザインにウチのロゴを使いました。それと定番のラウンデルTシャツと大きく異なるのが、そのプリントサイズ。メンズXXLサイズでだいたい定番のバランス、そして最小サイズとなるガールズSではギリ収まるビッグプリントになるようグラフィックのサイズを調整しました。メンズのM~Lでもかなりデカいプリントとなり、定番デザインながら、なかなか個性的なモノに仕上がったと自負しております。

 さらに、通常のバランスとは異なるグラフィックが重くならないように全体の色味を気持ち明るく、今風(?)に鮮やかにしてみました。UKラウンデルという意匠は、あの色味が重要な識別要素でもあるので悩んだのですが、ウチのロゴが入っている時点でもはや国籍不明機なので、ナショナルカラーの再現にこだわる理由もないし、結果的にラウンデルTシャツではめずらしい、涼しげなアレンジになったかなあと思っています。

 Tシャツのカラーは白とナチュラルの2種になるのですが、ベースになるシャツも複数ご用意しました。ガールズS~MとメンズのXXLはウチの定番であるUA5001、そしてメンズS~XLには初採用となるちょっと厚手のモデルであるUA4210、さらにメンズのM~XLのナチュラルのみですが、近年復活した FRUIT OF THE LOOM のTシャツを使用。あのフルーツのタグ(当時とは少しデザインが異なりますが)と、定番デザインの組み合わせによる懐かしさみたいなものが出せればイイな~と思い採用してみました。



ウチでは初採用となるUA4210は定番の5001に対して生地に独特の質感と厚み・強度があり(ウチが初期の頃に使っていたUA4242に近いです)、洗いを重ねて「アジ出し」が楽しめるモデルです(画像はメンズM)。グラフィック中央のロゴ部分はあえてセンターを微妙にズラして雑味を出すことで、単にヨレヨレに見えることなくアジを演出できるのではないか、と考えました。僕自身もコレを着倒して、今夏は人生初の白Tメインで過ごしたいと思っています



こちらも初採用となる FRUIT OF THE LOOM のTシャツは5001に対して若干薄めの作りが特徴(画像はメンズL)。おそらくは今年もドえらいことになるであろう夏に真価を発揮します。不思議なものでインクは白Tと同一なのに、こちらの方が色味がさらに爽やかというか半蔵門線感が漂います。ラウンデルという意匠に馴染みがない世代にお薦めです。個人的な印象ですが、コレはワンサイズアップでダラッと着るのがイイのかな〜という気がします



当HPをスマホでご覧いただいている皆様にお願いです。当HPはリンクや画像をフルでお楽しみいただくことができる、PCビューモードでの閲覧を推奨します。スマホ版画面右上か右下のモニター型アイコンを選択してください。ご不便をお掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

コチラもよろしくお願いします!
vtos_icon.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

vt4126x

Author:vt4126x
小学30年生。やればできる子。

Instagram

exhibit information

92th The VICTORY Show
2020 / 01 / 12 sun 13 mon
@東京都立産業貿易センター台東館(東京/台東区)
Various Techniques は13日のみの出店となります
…related article

V.T.recommend

#020_osbn

#12580_osbn

#015_2017_osbn

#012r2_2017_osbn

#010_2017_2_osbn

#016_2017_osbn

わたしはいま

Category

お問い合わせ用メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Various Techniques ONLINE STORE 商品購入のお申し込み、そのほかのお問い合わせはこちらからお願いします。

QR Code

QR

Recent Posts

link

ブログ内検索