2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[私事]無果汁エボリューション.jp  - 2009.09.04 Fri



 なんでも、海外では果汁100パーセントの飲料だけを「ジュース」と呼ぶんだそうな。ふ~ん。でも、今日はソレの対極にある話をしようじゃないか。

 2008年夏。私は、写真の「FANTA ふるふるシェイカー」に夢中だったのだ。男らしく、ひたすら無果汁にこだわり続けるFANTA。その果実は一滴も含まれないのに、堂々と果実の風味を謳うFANTA。正直、パッケージに「~味」という事前予告というかフリがなければ、飲んでも果物の味だと思わないんじゃないか? そんな疑問もなくはないFANTA。ソレを逆手に取ってか、時々「フルーツパンチ」とか、なんだかわからない、無果汁の逆ギレとも言うべきバリエーションを社会に送り込むFANTA。そんなFANTAが、ついにゼリーの食感を身に纏い、味のみならず舌触りさえも「果物のようなナニか」にエボリューション。口の中で拡がる「オイシイんだけど、なんかこう、騙されているような……」そんな不思議な感覚がたまらない。一応言っておくが、すべて個人の感想だ。通販番組によくあるクレジットと同じだ。なにも保証はしない。

 余談だが、過去に私が最も衝撃を受けた無果汁飲料に「シチリア産のレモンをギュッとしぼったレモンティー」というのがある。ここまでド直球の商品名を読ませておいて、その表記の真下に「無果汁」とか書いてあると、「産地まで書いておいてそんな……」と思うと同時に、もうオモシロすぎて許してしまうのだ。最近も「十勝の朝摘みイチゴオレ」という、コレまた真下に「無果汁」と書いてあるブツを摘発した。おそらく、法律(または自主規制)の関係でそうなっただけで、実際は一滴くらい商品名で謳っている果実は含まれているのだろう。だが、個人的には最早真実などどうでもよく、同じ値段で果汁100パーセントのジュースが買える時代、無果汁飲料に課せられた使命は、ひたすらオモシロく有り続けるコトなのではないか……そんな気がしてならないのだ。世間様がなんて言うかは知らないが。


スポンサーサイト

[Products_2008_2012]V.T.wb01  «  | BLOG TOP |  » [私事]新春の誓い

Profile

vt4126x

Author:vt4126x
小学30年生。やればできる子。

Instagram

exhibit information

2017 / 07 / 23 sun
The VICTORY SHOW 83th
@東京都立産業貿易センター台東館
(東京/台東区)
…related article

2017 / 08 / 20 sun
JAPAN STEEL CHALLENGE 32th
@東京都立産業貿易センター台東館
(東京/台東区)
…related article

V.T.recommend

#019osbn

#12580_osbn

#015_2017_osbn

#012r2_2017_osbn

#010_2017_2_osbn

#016_2017_osbn

わたしはいま

Category

お問い合わせ用メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Various Techniques ONLINE STORE 商品購入のお申し込み、そのほかのお問い合わせはこちらからお願いします。

QR Code

QR

Recent Posts

link

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。