2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Products_2013_2017] V.T.exa_001 - 2014.01.28 Tue





2013年7月23~28日開催
「Various Techniques Extreme Ascension Vol.01 あやしい者ではございません」
会期中、会場にて販売
ベース:United Athle 5942 / United Athle 5401
プリントカラー:白
ステキ企画適応商品

 2013年7月23~28日。Various Techniques 活動10周年を(自主的に)記念して開催した初の展示会「Various Techniques Extreme Ascension Vol.01 あやしい者ではございません」の会期中、会場でのみ販売したTシャツです。

 2013年はウチの10周年だったり、初の展示会だったり……とにかく節目となる行事が多く、その分だけ所謂「記念品」的なウェアやグッズもたくさん作らせていただき、この V.T.exa_001 もそのひとつです。過去にも書かせていただいたコトなのですが、「~記念」というコンセプトを「記念のための記録」というカタチに集約したデザインにしてしまうと、着るモノとしてはどうしても賞味期限が短いモノ(すぐに飽きられてしまうという意味で)になりがちだし、僕自身も過去に「これじゃファン的にはお布施っていうかノルマだよな~」と思わずにはいられない、ご祝儀色丸出しの「~記念アイテム」に苦笑い……という経験がないわけではないので、とにかく「~記念」という節目は「いつもとは違うナニか」を盛り込む機会と捉えよう、なんて常々思っていました。

 それは言うほど簡単なコトではないし、そもそもウチだって皆様からのご祝儀あっての10年という立場ですから、あんまり偉そうなコトも言えないのですが、とにかく今回の展示会で販売する「開催記念Tシャツ」は今まで以上にウチ、というか僕の性根を極端に強調した「これが私の正体です」と言えるモノにしよう……という、売れる売れないは後で考えるとして、気が変わる前にHPで早々に宣言してしまったのです。

 僕は学生の頃から PUNK や HC のTシャツ(所謂バンドT)がとにかく大好きで、ライブハウスやショップで気に入ったモノを買っては、ソレを穴だらけになるまで着続けるというサイクルを繰り返してきました。今となってはバンドTを作らせていただく機会にも恵まれ、自分が着るモノも自分で作っているワケで、破れるまで着倒すコトはなくなりましたが、好みの方向性はまったく変わっていません。それはウチの芸風にも色濃く反映されているハズ……なのですが、そう言っている割にはウチの過去のモデルでド直球のモノは少なめで、その理由を正直に申しますと……好きすぎるが故なのでしょうか、このジャンルは僕ひとりだけ(の芸風)ではやりきれないな~、と常々思っていたからなのです。

 2013年のウチの活動テーマは「+1(プラスワン)」、つまり、今までどおりの活動にナニか新しい要素をひとつ(いや、いくつでもイイんですけど……)加えるコトでした。そこで、今回はウチのウェアでは初となる共作というカタチで、僕の20年来の友人である造形家の小林義仁さんにイラストをお願いしました。マスプロ製品のフィギュア原型制作や、3DCGモデリングによる画像制作、コミック作品のキャラクターデザインなど、幅広く活躍中の小林さんとモノ作りでご一緒させていただくのは、思えば今はなき雑誌「S.M.H.(株式会社ホビージャパン:刊)」以来、実に10ウン年ぶりのこと。ただ、ありがたいことに何年経とうがお互いの好みというか芸風は近しいままで、軽い打ち合わせだけで自由に描いていただいたイラストは「ヒースロー経由の中央・総武線縦断紀行」ともいうべき、僕らが愛して止まないトライブにおいては味わい深いタッチで描かれ、それでいて新しい……。というか、はじめて名盤「PUNK AND DISORDELY」のジャケットを見たときの衝撃は今でも忘れられませんが、その記憶にお互いの大好物までもブチ込んでしまったのには本当に驚き、少なくとも僕は感激しました。


illustration:Yoshihito Kobayashi

 個人的には「こりゃ毎日着るでしょ~」とは思ったものの、確信犯とはいえ最早なんの記念かもわからない上に、メチャクチャ着る人を選んでしまうモノに仕上がってしまったので、売り上げについては完全にあきらめていたのですが、おかげさまで会期中に奇跡の完売となりました。お買い求めいただいた皆様にはあらためて御礼申し上げます。正直、流行とか世相、はたまた現代性といった要素を一切含まず、それでいて主張の強い1着ではありますが、末永く着倒していただければ幸いです。



Various Techniques は2014年5月3〜4日、東京は九段下の科学技術館にて開催される
国内最大規模のTシャツの祭典「Tシャツ・ラブ・サミット Vol.23 “ゴールド”」に
5月3日のみですが出店させていただきます! Tシャツの展示・即売ほか、1日楽しめるイベントが盛りだくさん!
詳しくはコチラをごらんください。


VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

コチラもよろしくお願いします!
vtos_icon.jpg

スポンサーサイト

[Products_2013_2017]V.T.exa_002 «  | BLOG TOP |  » [Products_2008_2012]浅草へ愛を込めて。V.T.011

Profile

vt4126x

Author:vt4126x
小学30年生。やればできる子。

Instagram

exhibit information

2017 / 07 / 23 sun
The VICTORY SHOW 83th
@東京都立産業貿易センター台東館
(東京/台東区)
…related article

2017 / 08 / 20 sun
JAPAN STEEL CHALLENGE 32th
@東京都立産業貿易センター台東館
(東京/台東区)
…related article

V.T.recommend

#019osbn

#12580_osbn

#015_2017_osbn

#012r2_2017_osbn

#010_2017_2_osbn

#016_2017_osbn

わたしはいま

Category

お問い合わせ用メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Various Techniques ONLINE STORE 商品購入のお申し込み、そのほかのお問い合わせはこちらからお願いします。

QR Code

QR

Recent Posts

link

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。