2017-05

[Products_2013_2017] V.T.010r1 - 2015.06.02 Tue





 ウチのシューティング&トイガン・イベント専売ライン「WEEKEND ASSAULT」の1号モデル、「V.T.010r1」です。2008年に製作した「V.T.010」のリニューアル仕様なのですが、旧作はウチの5周年記念にあたる2008年、当HP内 ONLINE STORE の開設を記念してネット専売アイテムとして製作しました。後にボディカラーを改めて2009年も販売させていただいたのですが、いずれも製作枚数は極少の上、2009年~2010年は仕事の都合で出店もままならず、売る機会が設けられないという理由で完売後はリピートに恵まれないまま、今日を迎えてしまったという「不遇の1着」なのです。トイガン~シューティング由来のデザインソースを、違和感なくデイリーユースに持ち込めるようにアレンジするというのがウチの活動初期のコンセプトでもあり、V.T.010 は僕の中でそれが結実した自信作でもありました。

 あれから7年。このタイミングでリニューアルを決めたのは、当時、世界の共通語として浸透しつつあった「AIRSOFT(日本でいうエアソフトガン、スポーツガンですね)」という言葉が、後のSNSの普及によって世界中のシューター、ゲーマー、トイガンファンのコミュニケーション・キーワードとして更に頻繁に使われるようになったという事情があります。V.T.010 製作当時、そこまでは全く考えていなかったのですが、現在はTwitter や Instagram などで #AIRSOFT で検索をかければ世界中のトイガンの情報やリアルな現地シーンを知ることができますし、ファン同士の交流も盛んです。ウチも現在プロモーション、コミュニケーションツールとしてHP以外にも TwitterInstagram を使わせていただいておりますが、その情報量と利便性にはただただ圧倒されるばかりです。



 昨今では自身のトライブを示すという意味で、SNSで使う「ハッシュタグ」をデザインしたTシャツを見かける機会が増え、今回のリニューアルではそれに倣い(というか必然ですよね)正面のグラフィックはデザインこそ変わりはありませんが(この70年代テクノ調のタイポとトイガンという掛け合わせが意味不明すぎて大好きなんです)、ゼロから作り直し「#」を追加しました。バックプリントも細部形状とサイズを調整。プリントカラーは旧作のイエローから、明暗問わずベースカラーを選びやすい蛍光ピンクを選択。以降は再生産の度にプリントカラー、ベースウェアを見直しながらウチの定番として販売を続けていきたいと思っています。





商品画像です。ちょっと写真だと分かりにくいのですが、実際のプリントカラーは鮮やかな蛍光ピンクです。



VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

コチラもよろしくお願いします!
vtos_icon.jpg

スポンサーサイト

[Products_2013_2017]第25回APSカップT開催記念シャツ  «  | BLOG TOP |  » [ステキ企画]第4期支援額と期間延長のご報告。

Profile

vt4126x

Author:vt4126x
小学30年生。やればできる子。

Instagram

exhibit information

2017 / 05 / 27 sat / 28 sun
UNLIMITED 2017
@東京都中央区産業会館
(東京/中央区)
…related article

V.T.recommend

#019osbn

#12580_osbn

#015_2017_osbn

#012r2_2017_osbn

#010_2017_2_osbn

#016_2017_osbn

わたしはいま

Category

お問い合わせ用メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Various Techniques ONLINE STORE 商品購入のお申し込み、そのほかのお問い合わせはこちらからお願いします。

QR Code

QR

Recent Posts

link

ブログ内検索