FC2ブログ

2020-07

[私事]謹賀新年 - 2020.01.01 Wed

 新年明けましておめでとうございます!

 昨年の新年のご挨拶でも書かせていただいた「独立開業3部作」を、多少の浮き沈みはありながらも結果的には前向きなカタチで締め括り、迎えた2019年。まずは春に公開された映画「バンブルビー」に合わせて多くのお仕事に恵まれ、幸先の良いスタートを切ることができました。2007年からはじまったトランスフォーマーの実写映画シリーズは、公開時期が近づくとそれに合わせて各地で様々なイベントが開催され、いちファンとしてもお祭り気分が高まります。2019年も公私共に楽しませていただきましたが、宴のあと、ふと我にかえると頭を過ぎるのは消費税が上がるという、業界的にもなかなかハードな現実です。

 過去の経験から、増税前の駆け込み特需やお仕事の前倒しなどがあったとしても、1年のトータルの売上については楽観はできないと予想していたのですが、ありがたいことに2019年は特に書籍・ムックのお仕事に恵まれ、ほぼ無事に年を越すことができました。僕の仕事は繁忙期の労働密度がハンパないので(実際、これを書いている前後も仕事をしているワケで)、時には多くの方にご心配をおかけすることもあるのですが、僕は子供の頃から本を作るために生まれてきたという過度な思い込み(我ながら病的だと思うことも…)もあって、実際のところ物理的な限界を越えない限り、仕事が忙しいということがストレスにはなっていないのです。むしろ、独立してからここまでは自分の予想以上に順調で、いつまで続くかもわからない「デザイン1本で食える」時間を、仲間たちとアレコレと工夫しながら大切にしたいと思っています。

 一方、プライベートでは(僕に公私の境はないのですが…)2019年9月に50という節目を迎えました。今思えば10年ごとに「まさかオレが○○代になるなんて」と言ってきましたが、実際のところ30代、40代を迎えた時は心身ともに大きな変化は感じていませんでした。が、ここ数年は明らかな身体の衰えを感じることが多く、それに比例してケガが増えました(現在も軽度の左脚大腿四頭筋損傷を抱えており、これが全然治りません)。そんな40代最後の1年となる2019年は、ここ4~5年でたまりにたまった「やろうと思っていたまま時間が過ぎてしまった」いくつかのコトを全部やってから、清々しい気持ち(?)で五十路を迎えようと決めていました。まあ、具体的に書くと断捨離とか、ピアスの拡張・増設とか、ボロ雑巾みたいな毛布の買い換えとか、ランニングイベントへの参加とか、そんなのいつでもできるじゃん! みたいなことばかりなのですが、これが50項目(ここに婚活が含まれないところが僕らしいというか…)くらいあって、あたりまえですが経済的な事情でいくつかは2020年に持ち越しとなりました。今年はまず、スチームアイロンを買います!

 最早ブランドなどという肩書きはおこがましく、いち娯楽産業従事者による部活のような体となった Various Techniques の活動ですが、2019年は「40代の間に作っておきたい」と思っていた新作を完成させることができました。個人的にはそれがすごく嬉しかったのですが、なんだか毎年書いているような気がしますが、2019年も黒字になることはありませんでした。そんな中でも、2019年はGWに出店させていただいたラブサミでウチの定番モデルが例年以上のご好評をいただいたり、ウチの特色でもあるドライ素材のモデルが僕も大好きなトイガン・シューティングの世界において、親愛なる「ハードユーザー」の皆様の実用着としてお役に立っているという実感もあって、これもすごく嬉しかったです。今年もドライ素材の「なんか主語が抜け落ちているような気がするけど、ちょっとカッコイイ消耗品」を切れ間なくご用意できればと考えているので、これからもガンガン着倒してやってください!

 2020年の Various Techniques の活動は、新作については例年と同じくらいの数になりそうですが、その中でも実用的なウェアを中心に展開していく予定です。実は、ちょっと先の話なのですが、2021年は「2021年だからこそ考えておきたいこと」という明確なテーマがすでに決まっていて、ウチとしてはめずらしく少しメッセージを込めた活動をしていこうと思っています。おそらくですが1年限定で作るモノや芸風がガラッと変わってしまいそうなので、ウチらしいコンセプトのモノは今年しっかり作っておきたいと考えています。

 最後に、大切なご報告なのですが、2019年に公式Twitterにてご報告させていただきました第8期ステキ企画の支援先につきましては、おそらくは2月下旬で一段落つくであろう大繁忙期をキッチリ勤めあげてから、支援先を確定できればと考えております。個人的な事情で大変恐縮ではございますが、お力添えをいただきました皆様におかれましては今暫くご猶予をいただけますようお願い申し上げます。

 2020年の Various Techniques の活動は、きたる1月13日(月・祝)、東京は浅草の都立産業貿易センター台東館で開催される、第92回ビクトリーショーの2日目への出店からスタートします。今年はウチとしては初となる福袋「Lucky? bag 2020」という企画一本でがんばります。福袋の内容は福袋専用の新作ドライTシャツ1種(デザインは当日までのお楽しみ)+現在販売中のコットンTシャツ1種+防水バッグで、お値段は1袋3000円です。実質半額以下で新作も入っているという豪華(?)仕様。ここはひとつ、福袋らしく勢いだけで買って着てやってください! 詳細は随時、ウチの公式twitterで発表させていただきますので、こちらもチェックをお願いします!

  本年も Various Techniques をよろしくお願いします!









僕が小学校に入学したばかりの頃、通っていた幼稚園の副園長先生が母の職場に訪れ「息子さんを正しく育てることができませんでした」と謝られたそうです。あの優しい副園長先生を困らせていたなんて、オレはどんだけイカレたガキだったんだ! ごめんなさい! と今になって思うワケですが、残念ながら右肘を骨折したこと以外はほとんど記憶がありません。

それがキッカケだったかは親にも聞いてはいないのですが、この頃からしばらくの間、僕は塾漬け状態でした。現在にも繋がる夢というかビジョンはこの頃から幼いなりに確立していて、塾に通うことがその足しになるとは思えなかった僕は、それがイヤでイヤで仕方がありませんでした。そんな生活の中、塾の窓から見える建設中の巨大な施設が横浜スタジアムで、完成してからは眩い光の向こうに湧く歓声を耳にする度、当然その中の様子が気になるし、そこに逃げ込みたいと思っていました。

そんな幼い頃の刷り込みのような体験もあって、そもそも熱心なプロ野球ファンというわけでもなく、高校を(おそらく学年最下位を争う成績で)卒業してからすぐに東京に出てきてしまったので、ハマスタには頻繁に通っていたわけでもないのですが、あの頃からの夢を叶えて自分で稼いだお金でハマスタに訪れる度に、いや〜なんやかんやあったけど、なんとかここまできたな〜という達成感みたいなものは今でも強く感じます。

正直のところ、自分に対して「おまえ誰かを応援している場合じゃないだろ! 」と思うときも多々あるのですが、ベイスターズやdianaが発する、今となっては親子ほど歳が離れた若い世代の躍動、そしてハマスタ全体を包むある種の躁状態に接すると「おじさんも頑張らなきゃな~」というモチベーションになります。少しばかりですが暗黒時代を知る身としては、まさかハマスタがこんなに楽しい場所になるなんて思ってもみませんでした。おそらくは今シーズンもハマスタには通うことになりそうですが、なかなか観戦仲間が増えないというちょっとした悩みもあったりするので、今年は公私共に、プロ野球に限らず「人と会う時間」に重点を置きたいと思っています



当HPをスマホでご覧いただいている皆様にお願いです。当HPはリンクや画像をフルでお楽しみいただくことができる、PCビューモードでの閲覧を推奨します。スマホ版画面右上か右下のモニター型アイコンを選択してください。ご不便をお掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

こちらもよろしくお願いします!

vtos_icon.jpg

[ONLINE STORE] V.T. LUCKY ? BAG 2020 «  | BLOG TOP |  » [ONLINE STORE] V.T.020

Profile

vt4126x

Author:vt4126x
小学30年生。やればできる子。

Instagram

exhibit information

92th The VICTORY Show
2020 / 01 / 12 sun 13 mon
@東京都立産業貿易センター台東館(東京/台東区)
Various Techniques は13日のみの出店となります
…related article

V.T.recommend

#020_osbn

#12580_osbn

#015_2017_osbn

#012r2_2017_osbn

#010_2017_2_osbn

#016_2017_osbn

わたしはいま

Category

お問い合わせ用メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Various Techniques ONLINE STORE 商品購入のお申し込み、そのほかのお問い合わせはこちらからお願いします。

QR Code

QR

Recent Posts

link

ブログ内検索