FC2ブログ

2019-02

[私事]謹賀新年 - 2019.01.01 Tue

 新年明けましておめでとうございます! 本年もよろしくお願いします。

 それは忘れもしない2015年12月24日。事情があってのこととはいえ、まさかクリスマス・イブに自分が27年所属した会社から離れることになるとは夢にも思いませんでした。ですが、自分にもいつか、そんな日が来ることもあるんだろうなあ……そんな心構えみたいなものは常に心の中にあって(これは家柄によるものですが、子供の頃からそんな意識を持っていました)、僕は公私共に環境が急変した時の心の切り替えが異常に早いそうで、翌2016年1月4日には個人事業者登録ほかの諸手続をすべて済ませ、フリーランスとして再スタートを切りました。その後は本当にたくさんの仲間たちからの励ましやサポートを受け、公私共に順調と思いきや、2017年もプライベートでアレコレと悩ましい問題を抱え、そこには自分ひとりでは解決できない事案も含まれていたので、正直のところ自信を失いかけていた時期もありました。でも、よく考えてみると抱えていた問題のほとんどが、僕の口癖でもある「これがはじめてでもなければ最後でもない」ことばかりで、そんな気付きもあって2017年もなんとか乗り切ることができました。もちろん、忘れられないくらい良いコトもいっぱいあり、それが大きな助けになったことも補足しておきます。

 で、2019年最初のご挨拶がなぜ2015年からはじまるのかと申しますと、2018年は僕にとって「独立開業3部作の最終年」という位置付けだったのです。開業当初から、僕はフリーランスならではの立場やライフスタイルをフルに活用した、「公私の効率が良い循環」というサイクルの確立を模索していました。新年早々コイツ壊れちゃった! と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、簡単に言うとPCに向かっている時間以外、それこそちょっとした買い物とかでも、外出した時は帰宅するまでの合間に印象に残ったコト・モノを帰宅後や就寝前に調べ上げ、それを知るコトで仕事にフィードバックできる要素はないだろうか、と常に模索するという作業です。僕のような超アングラ人間にとって、この習慣はデザイナーとしての「(自分で獲ってきた)養分」を得るという、オリジナリティの形成という点においては専門書を読むこと以上に重要で、2018年は特にこのアクションを強化すべく、PCに向かわない時間は昼夜問わずに予定を入れまくって(2018年はここ数年でもっとも睡眠時間が少なかったと思います)常に外にいたような気がします。

 おかげさまで、2018年も多くの書籍、雑貨ほかの企画・アートディレクション・デザインに関わらせていただき、そんな中で、繁忙期〜明けて外出しまくり〜繁忙期に新ネタ投入〜明けて外出しまくり~繁忙期にさらなる新ネタ投入という循環が、本当に上手くいったという実感を得ました。この新ネタというのは、必ずしも表現上のモノとは限らず(まあ、そんな簡単に芸風は変わらないワケで)、その多くは仕事の過程において進め方とか捉え方という見えない部分に活かすことができました。2018年もここ数年と同じく「これがはじめてでもなければ最後でもない」レベルとはいえ、頭を抱える問題がいくつかあったのですが、それらに対する決断も早く、ちょっと大袈裟な書き方になりますが、ようやく僕なりの「フリーランスの働き方」というスタイルができあがったという実感。そして自分には年齢相応の思考力とキャリア相応の技術があるという自信(思い込み?)を取り戻したような気がします。総じて申し上げるなら2018年は、いち娯楽産業従事者としては本当に充実した1年でした。

 一方で、立ち上げから15年という大きな節目を迎えた Various Techniques の活動ですが、2018年は明けて早々から、夏場に資金がショートするかもしれないという少々厄介な予測があり(結果的にこの予測は当たりました)、上半期に思い切った資金投入ができませんでした。とはいえ、さすがにそれをリアルタイムで書けるハズもなく、当初の計画より少し小規模な活動となってしまいましたが、そんな中でも多くの方に祝福のお言葉をいただき、ウチのウェアを手にとっていただく機会に恵まれました。本当にありがとうございました! 僕の力不足もあって、残念ながら2018年も黒字にはなりませんでしたが、2019年は1月5日の出店をはじめ(真冬なのに……)、例年よりも早く準備が進んでおり(ここにも先述の「循環」が大いに活かされています)、また2〜3月くらいから新作・出店のご報告とともに本格的に活動をスタートできれば、と思っています。

 同時に、これもウチ的には大切なご報告となるのですが、2018年9月くらいからウチとは別のウェア・雑貨ブランドのアートディレクションという、Various Techniques の活動で得たノウハウをダイレクトにフィードバックできるお仕事をいただきました。基本的には合議制によるプロダクトデザイン的なアプローチとなるので、仕事内容はウチの活動とは異なるのですが、面白いアイテムをご用意することができました。こちらについても近日中にウチのHPでご紹介できるよう現在準備中です。

 そして、2018年に公式Twitterにてご報告させていただきました第7期ステキ企画の支援先について、その決定が遅れたまま年を越してしまったことを深くお詫び申し上げます。昨年と同じく2月中旬で一段落つくであろう大繁忙期をキッチリ勤めあげてから、支援先を確定できればと考えております。個人的な事情で大変恐縮ではございますが、ご参加いただいた皆様におかれましては今暫くご猶予をいただけますようお願い申し上げます。










先述のとおり、2018年は外で過ごす時間を多く取り、それはもう公私共に充実した時間を過ごすことができたのですが、その代償というか、もともと僕の体質(芸風?)でもある「半端な怪我」が多く、梅雨時に右ふくらはぎを痛めてしまいました。典型的なハッスル中年の自爆案件だったのですが、これがまた割と重めの肉離れで、お医者さんから2週間の安静と患部の固定を言い渡されました。が、プチッとやってしまった翌々日の横浜スタジアムで開催されるライオンズ戦のチケットを取ってあり、当然観戦は見送るつもりでしたが、この日はハマスタのグラウンド開放という子供の頃からの小さな夢が叶うまたとない機会。僕は「チャモもがんばっているのだからオレもがんばる!」などという屁理屈を持ち出し、患部をサポーターでガチガチに固めて、自宅からひたすら壁際をカニ歩き状態でハマスタに向かいました。試合後、グラウンドに立つことができて本当に感激したのですが、もう冷や汗が止まらないくらい患部が痛み、当然の罰として完治に2ヶ月半くらいかかりました。仕事に穴を開けることはありませんでしたが深く反省しています。画像はその様子と、その表情と帽子からハミ出した前髪から苦悶が窺える僕です。ちなみに、これが人生初の自撮りとなりました。2019年こそは、このスペ体質から脱したいのですが果たして……




VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

昨年も行かなかったので今年こそは初詣へ。
vtos_icon.jpg

[告知]2019年1月5日はVショー! VT初売り情報。 - 2018.12.26 Wed

 新年早々ではございますが、Various Techniques は2019年1月5日(土)、東京は浅草の都立産業貿易センター台東館で開催される国内最大規模のミリタリー系イベント「The VICTORY SHOW 83th(以下:Vショー)」の初日に出店させていただくことになりました。

 前回と同じく、今回もアメリカの新進気鋭アクションフィギュア・ブランド「Marauder」の国内正規販売店である「GANG'S ボーキテクト」さんとの共同出店となり(スペースナンバーは4F G-3,4 です!)、ブースではMarauderの主力商品である18/1ミリタリー・アクションフィギュアとオプションパーツの展示販売(ほかにも、他所ではちょっとお目にかかれないミリタリー系トイを持ち込むとか)、そしてまたしても間借り状態となるウチからはシューティング系イベント専売ラインである「WEEKEND ASSAULT」のモデル3種と、2018年のAPSカップ東京本大会から、浅草のイベントでのみ販売を開始、各会場(全部台東館なんですけど…)では大変なご好評をいただいたにもかかわらず、現在まで15時間程度しか販売していない「Various Techniques による浅草みやげ」、V.T.011_2018 を持ち込む予定です。というか、こんなに早く浅草のイベントに出店できる(つまりコレを販売できる)と思っていなかったので嬉しいです! というワケで以下、販売予定のモデルの簡単な解説です。それぞれのリンク先の解説記事もごらんになってください。





 トイガンシューティングの世界ではおなじみ、スティールプレイトがモチーフの V.T.12580 (税込3000円)は手売りのみのアイテム。今後も通販の予定はないので、この機会にぜひ!



 いまや世界の言葉となった「AIRSOFT」をシンプルにデザインした V.T.010r1 (税込2500円)は、前回のVショーでも大変なご好評をいただきました。

#001_2018_pf

 BB弾をモチーフにした、ウチの第1号モデルにして、5年ぶりの再生産となった V.T.001_2018 (コットン/税込2000円、ドライ/税込2500円)は2種の素材を持ち込みます。いちばん重宝するであろう季節・用途に合わせてお選びください。

#011_2018_s1

 そして、浅草のイベントのみ販売というヘンなシバリを設けてしまったゆえにレア化してしまった「Various Techniques による浅草みやげ」、V.T.011_2018 (税込2000円)です。トイガン・シューティングの聖地である浅草への僕なりのリスペクトをカタチにしました。このグラフィックにはちょっとしたストーリーがあるので、ぜひリンク先の記事もお読みになってください。

 いずれもサンプル画像は黒ばっかりですが、それぞれカラバリ、ガールズサイズ、XXLなどのビッグサイズもご用意させていただきました。ぜひ会場でご覧になってください。

 今回も会場お渡し、お支払いを前提とした事前お取り置きを承ります。毎度おなじみ「カップル割引 in the HELL」も適応されますので、詳しくはHP左下のメールフォームよりお問い合わせください! 正直、ウチはミリタリー系イベントでは売り上げ的に壊滅的な結果となることが多く、今回は真冬に半袖Tシャツのみで出店という…そりゃもう今からガクブル状態なのですが、とにかくがんばります! トイガン・シューティングの聖地浅草で一足はやく春のお供を見つけてください! 皆様のお越しを心よりお待ちしております。



当HPをスマホでご覧いただいている皆様にお願いです。当HPはリンクや画像をフルでお楽しみいただくことができる、PCビューモードでの閲覧を推奨します。スマホ版画面左上のメニューから「PCビュー」をご選択ください。ご不便をお掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

ONLINE STORE の商品も事前にご注文いただければVショー会場でのお渡し、お支払いが可能です。
この機会をぜひご活用下さい。
vtos_icon.jpg

[Products_2018_2022]続・浅草へ愛を込めて。V.T.011_2018 - 2018.07.11 Wed

#011_2018_s1

#011_2018_s2

ベースシャツ:United Atule 5001
プリントカラー:シアン
ベースカラー:スミほか
ステキ企画対象商品

 人呼んでトイガン・シューティング界のMSG(マジソン・スクエア・ガーデン)。東京都立産業貿易センター台東館で、今年もいよいよビッグイベントの連戦が始まります! まず、7月にはプレシジョン・シューティングの最高峰である「APSカップ東京本大会」、そして8月にはスピード・シューティングのビッグイベント「ジャパン・スティール・チャレンジ」が開催されます。

 2018年。活動15周年記念という節目の年に、ついにウチの両イベントへの出店が叶いました。そこで、今回は聖地・浅草2連戦を記念して「こうなったら浅草みやげはオレが作る! VTサマーダイナマイトシリーズ2018」と銘打ち、それに相応しい(?)新作をご用意しました。それが Various Techniques の浅草みやげ「V.T.011_2018」です。

 実は、マッチの日は試合のことで頭がいっぱいで、せっかく浅草まで来たのにおみやげを買う心の余裕がないとか、競技の進行上おみやげの買い出しに行けないとか、そういったお話を……誰からもまったく聞いたことはないんですけど、きっとみんなそう思っているに違いない! そして、年に数日とはいえ浅草に店を構えるからには、自分にも浅草みやげを作る資格はあるハズだ! というヤバい思い込みで作ってしまいました。当然、浅草以外で販売するとおみやげでもなんでもなくなってしまうので、少なくとも向こう数年は浅草でのイベント出店のみという形式で細々と販売していければ、と思っています。

 このモデルの元となったのはウチが2011年にちょっとだけ作って、ひっそりと販売した「V.T.011(ちょっとしたストーリーがあるので、コチラも併せてお読みになってください)」。リンクの記事にもありますが、個人的にはすごく気に入っているモデルで、再販のチャンスをず〜っと伺っていました。今回は再販に留まらず、新作と言うからには全体的にグラフィックやプリントサイズを見直し(結局、グラフィックはほぼ新造となりました)、当時はおみやげモノにならないように気を配ったのですが、リニューアルにあたり今度は(僕なりに)ダサくならない塩梅でおみやげ感を強調してみました。

 おそらく、海外からのお客さんにはまったく通じないであろうデタラメな英語表記、ちょっとボケ気味の紙焼き、精度無視の版下ほか、レトロな感じをそのまま引き継いだのにはワケがありまして、このグラフィックには、絶対にありえない浅草にまつわる「if」が込められています。そのデザイン・コンセプトをストーリー調にまとめてみたので以下を読んでやってください。


#011_2018_s5

1960年代。

絢爛豪華な映画館に寄席などが建ち並び、大衆芸能のメッカとして栄えた浅草にあって、スマートボール、ビリヤードとならび「浅草3大球技」と呼ばれたエアソフト・シューティング。

その人気の火付け役となったシューティング場「浅草ASA(エアソフト・シューティング・アクティビティズ)」は、週末ともなると「スマートボールなんてガキの遊び」と言わんばかりの、ちょっと斜に構えた若者たちが集う社交場として大盛況。

覚えた英語を出鱈目に並べて、なにを言っているのかよくわからない、それでいて面倒見が良いオーナーが愛した「バナナハット」を用いた看板は名物となり、エアソフト・シューティングは現在も浅草に欠かせない遊びのひとつとなりました。

あれから50年、煌びやかなネオン光彩の想い出とともに、浅草ASAのシンボルが2018年のいまここによみがえる……。


#011_2018_s3


 まあ、ifというか完全に作り話なんですけど、こんな感じです。作った動機もグラフィックの由来も全部妄想という、とんでもないモデルですが、トイガン・シューティングの聖地・浅草に対する僕なりのリスペクトは込めたつもりです。個人的な話になってしまいますが、浅草は僕の大切な趣味である「オモチャ」ファンにとっても、時折レアとかそういう範疇を超えたオモチャ(未発売に終わったハズなのに量産されていたり)が大量に発掘されたりする不思議な街でした。それ以外にもウン10年お世話になっているお得意先、大好きな銭湯ほか、当時はまだ横浜にいた10代の頃からマメに通っていて、ある意味で僕の嗜好が凝縮された街のおみやげを(勝手に)作れたことは本当に光栄です。

#011_2018_s4

 浅草イベント専売モデル V.T.011_2018 は7月15日(日)、東京都立産業貿易センター台東館5Fで開催される「APSカップ無料体験会」会場にて販売の予定です。今回はウチへのリクエストがございましたので(これはホントです)、アイボリー、ライトブルーなどの明るいベースカラーもご用意しました。サイズはメンズがM〜XXL、ガールズはM、気になる価格は1着2000円(税込)となります。商品の性質上、事前お取り置き、ONLINE STORE での取り扱いはありません。ぜひ、会場で現物を見てやってください。よろしくお願いします!



当HPをスマホでご覧いただいている皆様にお願いです。当HPはリンクや画像をフルでお楽しみいただくことができる、PCビューモードでの閲覧を推奨します。スマホ版画面左上のメニューから「PCビュー」をご選択ください。ご不便をお掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

コチラもよろしくお願いします!
vtos_icon.jpg

[Products_2018_2022]第28回APSカップ開催記念Tシャツ  - 2018.07.05 Thu



 特定非営利活動法人 日本エアースポーツガン協会(以下:JASG)の主催により、1993年から定期的に開催されている「スポーツガン」を用いた射撃競技会「APS(Air Precision Shooting)CUP(以下:APSカップ)」。その第28回東京本大会(2017年7月14~15日開催)の開催記念Tシャツのデザインを、本年も Various Techniques が担当させていただきました。



 2014年からご好評をいただき、おかげさまで多くの愛好家の皆さんに愛用していただいております開催記念Tシャツは「選手の皆さんの競技への想いをストレートに表現する」が毎年共通のテーマなのですが、デザインについては特定のスポーツに伴うイメージ、記念品としてのステイタスなどはひとまず置いて、あえて街着としてのバランスを優先させています。「これのいったいドコが射撃競技を記念したTシャツなのか?」という意外性というか、外連味が毎年共通の裏テーマでもあるのですが、今年はこうきましたか〜的なサプライズも概ねご好評をいただいており、僕にとっては年を重ねる毎に良い意味でプレッシャーになっています。





 APSカップ開催記念Tシャツは毎年、東京は赤羽の「ホビーショップ・フロンティア」代表にして、日々APSカップの普及に努める山中さんによるメッセージをもとにグラフィックを起こしているのですが、今回のキャッチフレーズは「Go for the party」となりました。いずれSNSやブログでご本人から明かされることになると思いますが、それはシンプルにして奥深い人生賛歌。その表現に作る側が照れてしまうとロクなものにはならないので、今回も堂々と作らせていただきました。

 ベースになるTシャツはウチの定番モデルである United Atule 5001 5.6oz. の中からアップルグリーンを採用。今作より復活したハートマークには蛍光ピンク、大会ロゴ部分は辛子色を用いました。APS競技はルール上、上着のタックインが必要ないので現在のプリント位置になっているのですが、かつて、右利きの方がワンハンドで構えた時に、背後からグラフィックがもっとも美しく見える位置…と山中さんにお褒めの言葉をいただきました。正直、それは偶然というか、僕もそこまでは勘定に入れていなかったのですが、これからは僕の手柄というか、溢れんばかりの才能による仕業と言い張ろうと思っています。



 サイズ展開はメンズのS(ガールズ兼用)〜XXXL(サイズチャートはコチラ)、価格は2800円(税込/本年もウチのステキ企画該当商品となります。ありがとうございます!)となります。例年ではこの頃からホビーショップ・フロンティアさんの店頭・通販で販売されるのですが、今回は開催記念Tシャツの製作5周年という節目にして、ついにAPSカップ東京本大会当日に会場で販売させていただくことになりました! 正確には7月15日(日)、競技2日目となる東京本大会ハンドガン部門と併催となる「APSカップ無料体験会」内(東京都立産業貿易センター5F) Various Techniques ブースにて開場と同時に販売開始となります。本大会終了後はホビーショップ・フロンティアさんで販売される予定ですが、枚数に限りがあるため会場での販売時にサイズ切れが生じた場合についてはご容赦ください。

 イベントの詳細、ウチの出し物などについては後日あらためて当HPにてご案内させていただきますが、今回の無料体験会の開催にあたり、なにより先にお伝えしなければならない注意事項がございます。まず、会場内の体験会エリアではアイプロテクション(シューティング・グラスなど目を保護するアイテム)の着用が必須となります。体験会の参加にあたり、レンタルもご用意させていただきますが、可能であれば持参をお願いします。それと、無料体験会は本戦と同じ競技内容を未経験の方、または今後のエントリーを希望される方に体験していただくことが趣旨であり、本大会にエントリーされている選手の皆様は、それぞれの競技がすべて終了するまでエイミング、ゼロインほかの試射も含め、無料体験会のステージを利用することはできません。ご理解・ご協力のほどよろしくお願いします。ただし、会場でのお買い物などは自由なので、お好きな時間にお越しいただければ幸いです。

 近年、APSという競技スタイル魅せられ、各々の技術研鑽のみならず、競技の普及においても努力を重ねてきた全国の愛好家の皆さんによる熱意が、大会や記録会のエントリー増加という形で実っていく様子を見せていただきました。2018年の本大会はその集大成ともいうべき過去最大級のエントリー数とのことで、きっとアツい2日間となることでしょう。今回は出店のみならず裏方として精一杯働きますので、選手のみならず、APSってなんだろう? とか、チョット興味あるんですけど〜とか、相方に放置されてなんかヒマとか、そんな皆様のご参加を心よりお待ちしております!



 APSカップの詳細はJASG公式HP、そしてAPS競技の情報が満載のコチラをぜひごらんになってみてください。



当HPをスマホでご覧いただいている皆様にお願いです。当HPはリンクや画像をフルでお楽しみいただくことができる、PCビューモードでの閲覧を推奨します。スマホ版画面左上のメニューから「PCビュー」をご選択ください。ご不便をお掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

コチラもよろしくお願いします!
vtos_icon.jpg

[ステキ企画]第6期支援額振込完了のご報告。 - 2018.06.24 Sun

 2016年9月1日から2017年8月31日までに皆様からお預かりしておりました、ステキ企画第6期支援金の支援先への振込完了、ならびに寄付金受領証明書が届きましたのでご報告申し上げます。

 ウチの公式Twitterでもご報告させていただきましたとおり、前期に続き東京を拠点に活動されております「認定特定非営利活動法人カタリバ」様へ、全額寄付させていただきました。

 その活動内容ですが、まずはこちらのリンクをご一読ください。

 寄付については今春には完了していたのですが、経理の関係で支払い方法をカードに切り替えたところ、システム上の理由で証明書の発行にタイムラグが生じるとのことで、お力添えをいただきました皆様にお待ちいただくことになってしまいました。大変申し訳ございません。

 上記リンクにある活動の内容ほか、様々な困難の中にある児童への支援活動を展開するカタリバ様への寄付を今期も継続させていただきましたが(その理由については前期の記事をお読み下さい)、ステキ企画は「東日本大震災による被災児童への支援」という取り決めがありますので、寄付にあたりカタリバ様が東日本大震災による被災児童へのサポートととして運営されている、コラボ・スクール(宮城県女川町/岩手県大槌町)の活動に用途を指定させていただいたことをご報告申し上げます。

 今回もご賛同、ご協力いただいた皆様に改めて御礼申し上げます。第7期ステキ企画は2017年9月1日から2018年8月31日まで継続中です。なにかのご縁で当HPにお気に召したアイテムなどがございましたら、その時はお力添えをいただければ幸いです。

 今後とも Various Techniques をよろしくお願い申し上げます。




いただいた寄付金受領証明書の画像です。今回も通常の領収書ではなく、僕個人の名義(個人事業主としての登録名義です。ちょっとモロに住所とか入っているので、画像は少しボカしてあります)で発行していただきました。お約束どおり、2018年の確定申告で優遇された額については現在継続中の第7期ステキ企画に還元させていただきます。ただ、僕の収入や支出から優遇額を正確に算出するのは難しいそうで、今回は税理士さんの助言をもとに自分でパーセンテージを計算してみました。その公式を明かしてしまうと僕の収入ほかが赤裸々に晒されてしまうので、多少大袈裟な額を乗せさせていただきました、というコトでお許しいただければ幸いです(このお話は第7期の集計が完了した頃にまたあらためて)。もちろん、第8期も同じ計算で還元させていただきます



VTの公式Twitterはコチラ! フォローお願いします!

ちょっと在庫が薄めですが、よろしくお願いします!
vtos_icon.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

vt4126x

Author:vt4126x
小学30年生。やればできる子。

Instagram

exhibit information

89th The VICTORY show
2019 / 01 / 5 sun
@東京都立産業貿易センター台東館
(東京/台東区)
…related article

V.T.recommend

#001_2018_osbn

#12580_osbn

#015_2017_osbn

#012r2_2017_osbn

#010_2017_2_osbn

#016_2017_osbn

わたしはいま

Category

お問い合わせ用メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Various Techniques ONLINE STORE 商品購入のお申し込み、そのほかのお問い合わせはこちらからお願いします。

QR Code

QR

Recent Posts

link

ブログ内検索